結婚式の費用の平均|招待客70人で325万円が全国平均

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 229

結婚式の費用の平均はいくらなのでしょうか?

これから式を挙げようと計画されている方はとても気になるところですよね。

325万円が全国平均でした!


某結婚情報誌の情報によると「70名参加の式で325万円」が全国平均だったそうです。

このように結婚式の費用は「招待客が何人来るか?」で変わりますので、希望する結婚式の規模でケースバイケースなんですね。

結婚式は挙げる方の交友関係などで招待客の人数が変わってきます。
30人ほどの少人数で挙げる人もいれば、100人を超える大人数で挙げる人もいます。

そのため単純に費用の平均を求めても無意味なのですが、この平均値から「招待客ひとり当たりの費用」を割り出すことができます。

325万円÷70名=約4万6,000円

ひとり当たりの費用の目安は「4万6千円」と予想できます。

この金額に参加人数を掛ければ、だいたいの結婚式の費用が割り出せますね!

50人参加であれば、230万円。
100人参加であれば、460万円。

ただ、人数に関係なく最低限かかる費用があるため、人数が少ないほど単価は高くなり、こう単純には割り出せないようです。

結婚式を費用とご祝儀の差し引きで黒字にするのは可能?

kekkonshiki

結婚式を挙げて黒字になったという話を聞いたことがあります。

しかし計算をしてみるとそれは珍しいケースだということが分かります。

ひとり当たりの費用の目安である「4万6千円」を超えるご祝儀を招待客全員が包んでくだされば可能ですが、5万円近いご祝儀を包む招待客はわずか一握りですからね。

そのような理由から結婚式は赤字になるものだと覚悟しましょう。

費用はどうやって分担する?


結婚式の費用の新郎側と新婦側での分担の割合ですが、以前は「新郎6割・新婦4割」、あるいは「新郎7割・新婦3割」が普通だとされてきました。

招待客の交通費や宿泊費もそれぞれ各自で持つわけです。

しかし現在では招待客の「人数割」が主流になっています。

招待客全体うち、新郎側が6割で、新婦側が4割であれば、費用も同じように6:4で負担するという意味です。

こんなにかかる費用の内訳の中身は?


結婚式にかかる費用の内訳の中身は以下の様な項目になっています。

・会場使用料
・挙式の演出料(司会・音楽演奏・フラワーシャワー等)
・料理(コース料理・ウェディングケーキ等)
・衣装やメイク代(ウェディングドレス・ヘアメイク・ブーケ等)
・装花(テーブル用装花・花束贈呈用花)
・記念写真(スナップ撮影・集合写真・フォトアルバム)
・引き出物
・印刷代(招待状・芳名帳・席札・メニュー等)

結婚式の費用の平均まとめ



●全国平均は70名で325万円

●招待客ひとりにつき4万6千円が目安

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ