赤ちゃんのげっぷ、いつまでさせる?→平均で5~6ヶ月まで

スポンサーリンク

 

授乳後の赤ちゃんのゲップっていつまでさせればいいのだろう?

げっぷをした後の赤ちゃん
初めての育児の時は、ほとんどの人が疑問に思いますよね。

大人の感覚でゲップって自然と出るものだと思っていましたが、新生児期の赤ちゃんの場合は違うんですよね(驚)

出たゲップと一緒にケポッと軽く母乳を吐き戻してしまうのにも私はビックリでした。

大人のようにオエッ!とならずに突然、ゲップと共にケポッと出るので気付けずに浴びてしまったことも何度かありました(*_*)

ゲップをさせなくても、自然と出るようになる時期はいつでしょう?
「いつまでさせるのか?」と「上手く出させる方法」をまとめてみました。

ゲップをさせるのはいつまで?

新生児期は、おっぱいやミルクを飲む時に空気も一緒に飲み込んでしまいやすいので、授乳後にゲップをさせて空気を出してあげますが、月例と共に段々飲み方も上手になっていき、3~4ヶ月頃にはだいぶ上手くなっているようです。

・首が座り縦抱きになる
・寝返りをする
・1人で座れるようになる


といった過程のどこかでげっぷの時期は終わってしまいます。

早い子の場合、首が座って、縦抱きになる3ヶ月頃
寝返りをして動けるようになると、体を動かす時に一緒にゲップやおならとして空気が出るので、寝返りや1人で座れる頃に終わりになる赤ちゃんが多いようです。

げっぷをいつませさせる?



平均で【5~6ヶ月頃】です

やめ時の判断は「ゲップをさせなくても吐かなくなっている時」になります。

ゲップが溜まると吐いてしまったり、お腹が圧迫されたりと、赤ちゃんにはとても不快なことなので、この時期までの大切なお世話ですね(~o~)

⇒赤ちゃんの「いい抱っこ」・「悪い抱っこ」の違い、分かってますか?


上手くゲップをさせる方法がこれ

空気は「下から上へと上がっていく」というイメージを持って行ってみましょう♪
空気の通る道順に沿って、空気を押し上げていく感じです。

1. 肩に赤ちゃんを担ぐ形になるので、座椅子や椅子など背もたれを利用するなどして、
担ぎやすいスタイルを探しましょう

2. ゲップと共に吐き戻す事もあるので、タオルを肩に当てます

3. 自分の肩に赤ちゃんの顔が乗るように縦抱きで担ぎます(背中が少し丸くなるくらいに)

赤ちゃんを肩にかついだ母親
4. 必ず下から上へ!赤ちゃんの腰→背中→首の後ろへと、溜まった空気を押し上げていくようにします(腰・背中の辺りをトントンと軽く叩く方法もあります)
※ポイントは赤ちゃんを「思い切って担ぐ」ことです。
※出ない時は無理せずに止めましょう。おならで出ることもあります。

寝かせる時は右側を下に!

出ないまま横にして寝かせる場合は、吐き戻した物が気管に入ると危険なので、背中側に丸めたバスタオルや枕を当てて支えにして、体の右側が下になるようにして、半身・横向きで寝かせてあげましょう。

母乳の場合は、ゲップは10回に5回ほど出れば良い方ですので、出なくても「横向きに寝かす間に空気が動いて出るかも」「おならで出るかも」など気に留めすぎないようにして下さいね(*^_^*)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ