足のふくらはぎが痛い・だるい※原因は冷え?疲れのせい?

スポンサーリンク

 

足のふくらはぎが痛いし!だるくて立っていられない!って方、多いのでは?
これ程のだるさの原因は何なのでしょう?冷え?疲れ?

女性のふくらはぎ

ふくらはぎのどうしようもない痛み
だるさに動く気力もなくなる、、気持ちもめいる、、↓↓


3年前までの私は、まさにこの状態でした(´Д`∥)

重い足が当たり前。だるい足が当たり前。立っているなんて無理。な日々が本当に辛かったです。

メディキュットも朝の起き抜けの一瞬だけの効果としか感じられない程ひどかった私のふくらはぎでも、

♪毎日軽いふくらはぎ♪に戻れました!


その「原因」と私が実践した「改善法」をご紹介します♪

ふくらはぎの痛みやだるさの原因は何?

足のふくらはぎが痛い・だるい原因はいろいろと考えられますが、ここでは病気が原因のものでなく、冷えなどが原因の一般的な痛み・だるさの場合を書くことにします。

痛み・だるさの原因

●冷えで血液の流れが悪い
●血液の流れが悪いため疲労物質の乳酸が溜まっている


なぜそうなるか?



・立ちっ放しでいると血液は下の足の方へと降りていく
 ↓
・冷えで血液の流れが悪いと、降りてきた血液を心臓へと押し戻せなくなる
 ↓
・血液の流れが悪いため、疲労物質の乳酸や、老廃物が足に溜まったままになる


冷え性体質の人ほど、この症状が見られやすいようです。

【冷えを解消する】【疲れを解消する】ことがポイントのようですね(^-^)

痛み・だるさの改善方法

軽度の痛みやだるさの場合は「人気のメディキュットを使う・足湯に入る」などでも十分改善できるでしょう。

ですが、私のように「痛み・だるさが毎日つづく」「気分がめいる」「立っていられない」ほどの症状の場合は、ここまでくると ≪悪い部分に直にアプローチ≫ しないと改善しません!!

そのためには足にある「経路」という4つのラインを指で揉みほぐします。

『基本は4つのライン!乳酸・老廃物を押し流す方法』


●1本目 〔足の真裏側〕
⇒足首の後ろ側 ~ アキレス腱 ~ 膝の真裏までのライン

●2本目 〔足の左真横〕
⇒足の左くるぶし ~ ※すねの骨の左側のきわ ~ ひざの骨の左側のきわまでのライン

●3本目 〔足の右真横〕
⇒足の右くるぶし ~ ※すねの骨の右側のきわ ~ ひざの骨の右側のきわまでのライン

●4本目  〔足の正面〕
⇒すねの中央に1本走っている太い骨。
その太い骨から【左足…左側へ1cm】【右足…右側へ1cm】ずらしたところの筋肉のライン
押すとコリコリ凝っていたり、痛気持ちよかったりするのが分かるとおもいます。


ふくらはぎをマッサージする手
※2、3本目のすねの骨は、すね全体に広がる幅広の骨全体を指します。

※4つの各ラインとも、両手の親指を重ねてグッと力を入れて押していきます。
足首⇒ひざへ、下から上へ老廃物を流すイメージで押していきましょう。
上記は片足の説明です。もう片方の足も同じようにして下さい。

※力を入れ過ぎたり、グリグリ動かすと ≪筋肉を傷めます!≫ 絶対にしないで下さい!

【痛気持ち良い】強さで押すのが一番効果的です☆


どのラインも実際に押してみると「痛い!」ので、自分でもすぐに見つけやすいと思います。

滞っているところを急にほぐすので、初めの数日はマッサージ後に痛みが少々残るかもしれませんが、一時的なものです。

傷む場合は軽めにライン上を指を滑らせるだけでもいいので、「気持ち良い」と思う強さで毎晩続けてみて下さい(~o~)

どうしても疲れてできない!場合は、仰向けに寝て、1本目のラインを反対側の膝でグッと押すだけでも十分効果があるし、とても楽にできます♪

⇒このやり方もカンタンでいいですね^_^


この方法で脱!冷え性です♪

このマッサージを続けてから、冷え性がすっかり改善されてポカポカな体になりました(@o@)☆

足も「足ってこんなに軽かったの?」と毎日実感しています。

ここまでくると、マッサージも長時間立ち続けたな!と思う日にするだけで充分になっています!

整体院で教えているこのマッサージ☆1度試してみると生活が変わるかも!?ですよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ