引っ越しの挨拶、一人暮らしでも必要?学生・男女別のやり方

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 419

一人暮らしだけど、、引っ越しの挨拶は必要なの?

老朽アパートの玄関通路

学生の場合はどうしたらいんだろう・・・
男だと何を持っていけばいいんだろう?
女性がわざわざ一人暮らしだと教えるのは不安だ・・・

などなど、一人暮らしの引っ越しの挨拶って「要らないんじゃない?」という考えがどうも前に出てきてスッキリしないですよねf(^^;)

特に「短期間だけ住みます!」という学生さんの場合だと、長く付き合うわけじゃないし、必要ないと思えてきそうですね。

女性の一人暮らしもこの時代、不安だらけですし、、。

そこで学生・男女別に引越し挨拶の「要る・要らない」の必要性をまとめてみました☆

大家さんには必ず挨拶を!

まずは、学生・男女問わず、共通して言えることは、
【大家さんには必ず挨拶に行く】ことです。

これからお世話になりますし、もしかすると困った時にもお世話になることがあるかもしれません。繋がりを大切にしましょう!

どうしても行くことができない程、遠くに大家さんが住んでいる場合以外は、挨拶に行きましょう。

他の住人への引っ越しの挨拶は?~学生編~

親御さんと共になど、挨拶に行く人もいるようですが、
【学生は行かない人】が多いですね。

学生さん向けのアパートの場合は、行動時間がバラバラで挨拶に行っても、結局どの部屋の方とも会えなかった・・・というケースは非常に多いようです。

都会の場合は「行かない」と割りきれそうですが、地域柄を気にしたり、学生アパートだからという理由で今後の繋がりが気になるようなら、

【不動産会社の人、または大家さんに聞いてみましょう】

そのアパートについて一番詳しい人の意見を参考にするのが最適♪だと思います。

特に女性の学生さんの場合は、聞いてみるのが一番でしょう(^-^)

男性の学生さんで気になる場合は

スポンサード リンク



郵便ポストに500~1000円程度の品物と挨拶文

を入れておくだけでもスッキリ(^^)という方法もあります。

⇒新居に移ってまず困るのがカーテンをどうするか?ですよね(^_^;)



お隣さんへの引っ越しの挨拶~男性編~

社会人男性の場合は、状況によってケースバイケースですね。

【社宅の場合は必ず挨拶に行きましょう!】

同じ会社の人が住んでいると分かっているので、通常の挨拶範囲の「部屋の上下+両隣」よりも横1~2件ずつくらい増やすなど範囲を広げましょう!入居者が少人数の場合は、全員に挨拶するのがよいでしょう。

後は、地域性や、住人にもよりますので、

【不動産会社の人、または大家さんに聞いてみましょう】

その地域のプロに聞いてみるのが一番です(^-^)

お隣さんへの引っ越しの挨拶~女性編~

女性の一人暮らしの場合は「防犯上の理由から」注意が必要です!

不動産会社の人・大家さんから、他の入居者の方がどういう方か聞いておき、安心できると思える場合以外は、危険や心配も伴うので、挨拶は控えた方がよいでしょう。
※個人情報保護法があるので、入居者の情報は教えてもらえないと思っていた方がよいです
そういう理由から

【一人暮らしの女性は挨拶に行かない】

のが普通です。

見ず知らずの人に「女性一人で住んでいます」と教えるのはとても危険すぎですもんね!

男性の場合と同じく、社宅の場合はやはり挨拶をする方がよいでしょう。

挨拶に持参する品物(ギフト)は?~種類・相場~

持参する品物の種類は

●実用的なもの    
⇒もらって使う用途に困らないもの
●賞味期限がないもの 
⇒渡す機会が延びてしまう・先方がすぐに食べないことも考慮

渡す品物の金額の相場は?

●500~1000円以内

これらの条件に合う物で最適なのは【洗剤】でしょう(●^o^●)
相手が男性でも女性でも、必ず使うものなので無難なチョイスです。
台所洗剤
※洗濯洗剤は香りに好みがあるので台所洗剤(ママレモン)が適当です
他にも、【タオル(セット)】【布巾(ふきん)】などは日常使いできるし、枚数があっても困らないのでよいでしょう。

賞味期限が長いものであれば【お菓子】もいいですね!

ここでいろいろと書いてみましたが、地域性や、入居者の状況などによって、挨拶の必要性は変わってくるので、迷ったら、まずは不動産会社の人・大家さんなど一番詳しい人の意見を仰いで下さいね(^-^)

顔を合わせたときについでに挨拶をしよう♪

学生・男性・女性どの場合も、挨拶に伺っていなくても、生活を始めて入居者と顔を合わせることがあったら、その時に「こんにちは!」と【朝晩の挨拶や会釈】をするのは基本です。

そのときについでに「先日、隣に引越してきました○○です。よろしくお願いします」と付け加えると、挨拶がわりになるから一石二鳥ですよ(^o^)

スッキリした気持ちで、楽しい新生活をスタートできるとよいですね♪

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ