結婚式の日取り|仏滅を選ぶメリットがあるってホント?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 231

結婚式の日取りを決めるのに迷っていませんか?

普段は意識しない大安とか仏滅とか、そういう暦の上で最適な日と避けるべき日があることをぼんやり知ってても、それを気にしたほうが良いのか、無視しても良いのか、迷うところです。

結婚式に適している日はいつ?


手近にあるカレンダーや手帳を御覧ください。

日付と一緒にこのような「六曜」と呼ばれるものが記載されているはずです。

・大安(たいあん)・・・最も縁起の良い日。結婚式や結納に最適。
・友引(ともびき)・・・大安の次に縁起が良い日。
・先勝(せんしょう/さきがち)・・・結婚式を午前中から開始するなら吉。
・赤口(しゃっこう/しゃっく)・・・11時~13時までが吉で、それ以外は凶。
・先負(せんぷ/さきまけ)・・・午前は凶で、午後は吉。
・仏滅(ぶつめつ)・・・最も縁起の悪い日。

このような6種類ある「縁起が良い日・悪い日」が延々と繰り返される流れになっています。

一般的に結婚式の日取りは、大安か友引に多く行われ、先勝・赤口・先負の日には時間帯を選んで行われることが多いようです。

よって仏滅を選ぶご夫婦はあまりいらっしゃらないということです。

ただこの六曜の暦は古代中国で生まれたもので、そもそも仏教に関係あるものではなく、ただの迷信だと言ってしまえばそれまでのものです。

結婚式を仏滅に行うデメリット

sinrosinpu
結婚式場ではたとえキリスト教式で執り行う会場でも、仏滅の日は料金プランを普段より安くしているところがあります。

そうした割引がないところもありますが、事情に詳しい方、勘の鋭い方がひねくれた見方をすると「費用を浮かす」・「お金をケチる」ためにわざわざ費用の安い仏滅を選んだと思われかねません。

結婚されるご夫婦の友人知人は比較的若い世代なので、仏滅だからといって特別視することは少ないかもしれませんが、親世代以上となると「なぜこんな日取りに?」と疑問に思われることがあるでしょう。

また、結婚式に参加されるお客様が行き帰りにケガをした、結婚後に夫婦仲がうまくいかない、離婚した、といった悪いことが起こった場合に仏滅に式を挙げたことを原因にこじつけてしまう恐れがあるなら避けたほうが無難かもしれませんね。

あえて仏滅を選んで行うメリット


仏滅に結婚式を行うカップルが少ないため料金が安くなるということを先ほど書きましたが、逆に言えばそれはメリットになります。

経済的に余裕のない方がワンランク上のプランで式を行うことも可能でしょう。
料理や飾り付けを豪華にしたり、あるいは高そうで諦めていた結婚式場で挙げることも可能かもしれません。

結婚式の日取りのまとめ



大安か友引を選ぶのがベスト。

年配の人ほど気にする仏滅を避けるかは
両家のご両親の意見を参考に。

仏滅の日に結婚式を行うのは
メリットもあり!

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ