赤ちゃんが笑うのはいつから?「あやす・くすぐる」が有効?

スポンサードリンク

赤ちゃんが笑うのはいつからなの?

大喜びの赤ちゃん
笑わすのにはあやすのがいい?
それとも、くすぐるのがいい?
笑いを誘う有効な方法ってなんだろう?


赤ちゃんの笑顔って、とても待ち遠しいですよね(^-^)

「泣く」・「キョトンとする」・「寝ている」など新生児期にも、いろいろな表情を見てきているけど、「笑顔」の表情は特別!

「嬉しい」表情って、更にかわいいだろうし、見ている側も一緒に幸せになりそうですよね。だから「いつから笑い始めるんだろう?」って待ち遠しい(^o^)

そんな「いつから笑うか、あやしたり、くすぐると良いのか?」をまとめてみました。

赤ちゃんが笑うのはいつから?

「あ~笑った~!」と生後1ヶ月すぎの頃、私は嬉しくなったことがあったのですが、実はこの時期の「笑顔」は「生理的微笑」というもので、赤ちゃん本人の意思とは関係ないようです・・・orz

赤ちゃんが本当の意味でニコッと笑うのは

【早くて2か月をすぎた頃からで、一般的には3ヶ月位が多い】

そうです。

平均して生後3ヶ月位になると、表情豊かに笑うようになります。

※これはあくまでも「目安」ですので、時期は赤ちゃん1人1人によって違います



必ずこの時期に笑い始める!ということではなく、6か月前後の赤ちゃんもいますし、前後するのは普通のことですから焦らないようにしてくださいね(^^)

赤ちゃんの性格や個性はこの時期から始まっています(^-^)

大きな声を出して笑う赤ちゃんもいれば、ニコッと微笑むだけの赤ちゃんもいるし、あやすと何度も何度も笑う赤ちゃんもいたり、と赤ちゃんの性格・個性によって様々です。

声をあげて笑わない・・・軽く微笑むだけ・・・微笑みがなかなか見られない・・・とお母様としてはとても気になるところでしょうが、赤ちゃんの個性が影響しますので気になさらないように!

赤ちゃん本人は「ママだ~♪」とちゃんとママを認識しているし、顔が見えると安心してもいるのです♪

いっぱい・いっぱいお母様の笑顔を見せてあげましょう!

満面の笑顔の母親と赤ちゃん

あやす?くすぐる?笑顔を引き出す有効な方法

生後2か月頃の赤ちゃんは、動くものに興味をもつようになり、じっと観察をしています。
ママのことも、いっぱい観察しています。ママが意識していない間にだって、観察していたりします(^^)

赤ちゃんと接する時の表情はもちろん、ママが無意識の時の表情も見ていて、見ることで覚えていき、それを実際に真似ていくという本能があります。

「笑顔を早く!」と思うのでしたら

スポンサード リンク

「嬉しい時はこうやって笑うんだよ~」とママの笑顔をいっぱい見せる

ことが大事です。そうすると赤ちゃんは笑うことを覚えていきます。

赤ちゃんに接する時はもちろん、TVを見て笑う姿・友達と話して笑う姿など「笑うってこういうこと・こういう顔をするの」とたくさん伝えてあげて下さい♪

赤ちゃんと接する時は、満面の笑みくらいの方が赤ちゃんにも分かりやすくなるでしょう(^-^)

生後1ヶ月の「生理的微笑」が出始めたら、「微笑む」という顔の機能自体はもうできているということなので、後は真似をする「本能に訴えかける」のが効果的かもしれないですね!

たくさん笑顔を見せて、声をかけてあげて「あやす」ことから始めましょう。

あやしてご機嫌になることで、赤ちゃん自体も「嬉しい・楽しい」という感覚を覚えやすいでしょう。

後は、微笑むではなく「笑わせる」になりますが、遊びの感覚で、両脇やわき腹辺りを「コチョコチョ~♪と言いながらくすぐる」と笑う子は多いようです。

こんなあやし方で笑いを誘ってみよう

・昔ながらの「いないいないばあ!」
・唇を「ブルブルブル~」と鳴らす
・うちわなどで顔に軽く風を当ててあげる


⇒これを見せると大ウケ?いないいないばあの動画です^_^

こういう方法で笑う子供は多く、どれで笑うかは好み次第なので、いろいろ試してみると、笑う姿を引き出せるでしょう(*^。^*)

我が子は笑顔が控え目です

我が子は大きくなっても未だにですが、本当に控え目・恥ずかしがり屋な性格です。

面白くても、ほくそ笑む(笑)・ニヤッとするだけですが、これで本人は楽しい気持ちのようなので、それで十分なのだと思います。

赤ちゃんの時もやはり表情は豊かではなかったです(^^;)

いろいろ心配もしましたが、今思うと本当にその頃から、この性格が始まっていたのだと実感します!

笑顔の出方も、赤ちゃんの個性に合わせてで十分だと思います。

赤ちゃん本人が楽しい・嬉しいと思っている事が一番大切なことですから☆

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ