結婚式の服装のマナー|大ひんしゅく絶対NGな服装まとめ

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 255

結婚式の服装のマナーというのは分からないものですよね。

初めて出席する結婚式に一体どんな服装をしていったらいいのか、マナー的にNGな格好とかあるのか、すごく気になるところです。

ここでは男性と女性で結婚式で「これだけはやってはいけない!」という服装のマナー(NG)をご紹介します。

女性の結婚式の服装で絶対NGなのは?

パンプス
白やオフホワイト、照明の加減で白に見えてしまうシャンパンゴールドやベージュなどの色は絶対にNG(花嫁のウェディングドレスの白と絶対にかぶってしまうため)

花嫁がお色直しで着るウェディングドレスの色を事前に知っているなら、それと同じ色は避ける。「こんな色のドレスを着て参加するんだけど、かぶらない?」と訪ねておくと安心です。
秘密にしたい花嫁さんやそういうことを尋ねられるほど親密ではない場合は、色がかぶってしまっても問題ありません。(黒を着ていけば絶対にかぶらないので無難ですね)

柄物のドレスは基本的にNGです。例外的にレースや生地と同じ色の刺繍や織柄はOK。柄物の着物もOKです。

生足はNGなのでストッキングを(黒のストッキングはNG)

・ファーがついたもの、爬虫類の皮を使ったものは「殺生」をイメージさせるのでNG。革製のバッグも当然ダメ。

・パンツスーツのようなセパレートのものは「別れ」をイメージさせるのでNG。

膝が出るような短い丈のパーティドレスはNG。(基本的にミニ丈はNG)

・露出度の高いワンショルダードレス、深くスリットが入ったもの、胸元が大きく開いたものなどは品がなく目立ちすぎるのでNG。
肩が出るドレスを着るときは肩をボレロやストールで隠すようにしましょう。

・ヘアアクセサリーやカチューシャなどを付けるのはOKですが、あまり派手にキラキラするものはNG。大きな花飾りなども絶対にNGです。

・ピアスやイヤリングは揺れるものはNG。

・靴はミュールやサンダルはNG。パンプスが無難。

腕時計は外しておく(時間を気にしていると受け取られるため)

・かといって全身黒ずくめ(黒ドレス・黒ストール・黒バッグ・黒の靴・ブラックパール)は喪服を連想させて縁起が悪いのでNG。黒いドレスを着たらバッグやストールなどを明るい色を組み合わせましょう。


男性の服装のマナーは?

黒いネクタイ
・スーツは黒(ブラックスーツ)が常識でしたが、最近では濃紺やチャコールグレーなどを着る人が増えています。

・あまりに色の薄いスーツ、柄物(ストライプ等)のスーツはNGです。

・上着はシングルかダブル、どちらでも構いません。

・シャツについても長いこと白いワイシャツが定番でしたが、色のついたシャツ(薄い水色やピンク)を着る人が珍しくなくなってきました。

・ネクタイは白かシルバー系が今でも定番ですが、色のついたネクタイをする若い世代が増えています。

黒いネクタイは喪服になってしまうのでNGです。

・靴はローファーはNG。紐のついたものにしましょう。

・靴や靴下、ベルトなどの小物は黒が基本です。

・ポケットチーフを入れるなら白が無難。

結婚式の服装のマナーのまとめ



品があって、控え目なものを
着ていくのが基本マナー。

花嫁・花婿よりも「目立ってはいけない」
というのが鉄則です。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ