洗濯機の買い時はいつ?時期は2017年の何月がベスト?

スポンサーリンク

 

洗濯機の買い時っていつなんでしょうかね?

ドラム式の洗濯機の蓋オープン
自宅で使用中の洗濯機(愛妻号)が水漏れするようになってきて、2017年中に買い換える必要があります。

使うのに支障があるほど壊れていないので、1年で最も安くなるタイミングを見計らって買い換えたいと思い、徹底調査してみました。

2017年の洗濯機の買い時をざっくり言うと?

・縦型は5月から8月にかけて
・ドラム型は9月から10月にかけて
がBESTです。

説明が長くなるので結論だけを先にまとめました(^_^;)

もっとピンポイントな時期を知りたい方は下の記事も読んでやって下さい。

過去の洗濯機の新商品発売スケジュールで値下がり時期を予想

電気大手各社から洗濯機の新商品が発売された過去の年間スケジュールを調べてみました。

2014年1月~12月の洗濯機発売スケジュール

●1月 縦型×2(AQUA)
●2月 縦型×6(シャープ・AQUA・アマダナ)/ドラム式×2(パナソニック)
●3月 縦型×2(ハイアール・AQUA)
●4月 無し
●5月 縦型×12(全てパナソニック)
●6月 縦型×14(日立・DAEWOO)
●7月 縦型×12(東芝・シャープ・ハイアール)
●8月 縦型×15(東芝・AQUA)/ドラム式×1(日立)
●9月 縦型×1(AQUA)/ドラム式×33(日立・パナソニック・東芝)
●10月 縦型×4(ハイアール・AQUA)/ドラム式×6(シャープ・東芝)
●11月 縦型×12(パナソニック・ハイアール・東芝・日立)
●12月 縦型×1(日立)

※2013年度はドラム式は10月に各メーカーとも集中していて、縦型は5~6月に集中していました
※昔ながらの二槽式洗濯機は除いています

よって洗濯機の毎年の新商品発売時期は


・縦型は5月から8月にかけて
・ドラム式は9月から10月にかけて


が多いことが分かりました。

白い縦型洗濯機
※だいたいどのメーカーも1年に1回モデルチェンジをして後継機種を発売しています

買い時は新商品発売の1ヶ月前後がベストタイミング!

では、肝心の1年のうちで最も価格が安くなる時期はいつなのか?ということですが、これは一般的に新商品(後継機種)が発売になる1~2ヶ月前だと言われています。

それが本当なのかどうか調べてみました。

サンプルはパナソニックのNA-FR80H7(縦型)
・発売時期は2013年6月
・後継機種は2014年5月に発売


このNA-FR80H7の発売から1年間の価格推移グラフを確認すると最も価格が下がったのは2014年の5月初旬から6月初旬にかけてでした。(後継機種の発売は5月なので、その前後になります)

つまり最安で買うなら後継機種が発売される前後1ヶ月間を狙うといいわけですね!

ドラム式洗濯機はどうなのかも調べてみました。

サンプルはパナソニックのNA-VX7300L(ななめドラム式洗濯機)
・発売時期は2013年10月
・後継機種は2014年9月に発売


このNA-VX7300Lの1年間の価格推移を見ると、新機種発売目前の8月下旬から9月上旬にかけてが最も平均価格が安くなっていました。

結論:洗濯機の買い時は

新機種発売の少し前から発売直後あたり

となるんです。

最も安い時期を逃さず買う方法がコレ

洗濯機の買い時を調べたら、結果的に後継機種が発売になる前後の期間に、型落ちになったモデルをタイミングよく買うのがコツだと分かりました。

賢い買い方をまとめると

1. 現在発売中の機種の中から、自分が買いたい機種を選ぶ
2. その機種の発売日を確認する
3. その発売日から約1年後の後継機種の発売日を待つ
4. 後継機種の発売日の2週間前か、発売日から2週間以内を目安に購入する

最安値で買いたかったらちょっと面倒ですがネットでこれらの情報を調べて、タイミングを見計らって家電量販店に出かけてみるといいですよ。

⇒洗浄力で選ぶなら縦型で、パナソニックか日立が良いらしいです^_^

パナソニック独自のテクノロジー「泡洗浄」ってこの動画を見ると、やっぱり効果が高そうって思っちゃいます(^^)

「AQUA」は聞き慣れないメーカー名だけど?

AQUAという名前は元々はサンヨー電機が白物家電に使っていたブランド名でした。

しかしサンヨー電機がパナソニックに吸収された際に、洗濯機部門だけが中国の家電メーカーであるハイアールに事業譲渡され、現在も洗濯機のブランド名として使われているわけです。

なので正確にはAQUAはブランド名であってメーカー名ではありません。ハイアールがメーカー名ですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ