バターとマーガリンの違い|お菓子には?、カロリーの差は?

スポンサードリンク

バターとマーガリンの大きな違いは何でしょうか?

牛マークのバター
お菓子作りに向くのは?カロリーが低いのは?

似ているように思えるけど、使う用途によって向き・不向きがあったり、体への影響も実は違ったりするのかも…と気になります。

・バターは溶けにくい、マーガリンは溶けやすい
・バターは濃厚な風味、マーガリンはあっさり
・バターは高い、マーガリンは安い

これくらいのイメージしかないですが(汗)
そこで具体的に「バターとマーガリンの違い」を調べてみました。

バターとマーガリンの大きな違い

バターとマーガリンの明確な違い!

スポンサード リンク

それは…
【主原料の違い】です!

●バターの主原料・・・牛乳の脂肪分のみ
●マーガリンの主原料・・・植物性油脂


※マーガリンはこの主原料に、乳や乳製品、乳化剤などを加えて作るので動物性脂肪も含みます。

原料自体が全く違うのですね!

バターは動物性、マーガリンは植物性油脂、だとよく聞きますね。

・バターは乳脂肪分80.0%以上、マーガリンは油脂含有率80.0%以上(80.0%未満のものはファットスプレッド)
・バターは牛乳を撹拌したり凝集させて作り、
マーガリンは主原料に水素を添加して、液状のもの⇒固体状に硬化させて作る
・バターは牛乳由来のビタミンAに富んでいて510μg/100g、マーガリンは24μg/100g
・バターは風味が優れている、マーガリンはあっさりとした味わい



成分や栄養素、製造方法、風味も全く違うようです。

バターとマーガリンのカロリーの違い


バターのカロリー・・・75kcl(10gあたり)
マーガリンのカロリー・・・76kcl(10gあたり)

マーガリンを塗った食パン
イメージではバターのほうがカロリーが断然高そうですが、意外にもマーガリンのほうが若干高いんです。

でも今スーパーの売り場に並んでいるマーガリンは「カロリー50%オフ」みたいな商品が多いですので、それと比較するとバターのほうが高くなりますね。

お菓子作りに最適なのはどっち?

マーガリンで作った「お菓子・パン」の仕上がりは、どちらも「食感が軽くてふんわり」するのが特徴のようです。クッキーの場合は「食感が軽くてサクサク」に。

ではお菓子作りに向くのはどっちか?というと、広く一般的に利用されているように

【バターがお菓子作りに向いている】ようです。

両者ともお菓子作り・パン作りに使えますが、「バターの風味が生きる」のが最大のメリットのようですね(^-^)

焼き菓子には特に、バターの風味は必須ですね!焦がしバターを使う菓子類も、やはりバターが必須です。

こういうメリットからバターが幅広く使われているようです。

ですが、バターの風味よりも「食感の軽さ・ふんわり感」を重視したい場合には、マーガリンの方が向いています。

シフォンケーキ
また、生地作りの準備も、バターをクリーム状にするには時間がかかりますが、マーガリンならすぐに柔らかくなるので作業がスムーズになります。

それぞれのメリットを生かして、お菓子作りに取り入れるのが一番よさそうですね☆

(詳しい違いは「バターの代用はマーガリン?」の項にあるので見てみて下さいね♪)

健康的なのはバター?マーガリン?

植物性の油脂と聞くと、健康的なのはマーガリンの方だろうな~となんとなく思いますが本当はどうなんでしょう?
実際は…

【健康被害を軽減するにはバター】です。
※健康維持のために良いという意味ではありません。体へのリスクが少ないのはバターの方という意味ですので、ご注意下さい(~o~)

バターの動物性油脂が含むコレステロールは、健康面でとても気になりますが、実は世界的には「マーガリン」の方が健康被害への危険意識が強いのです!

マーガリンに含まれている「トランス脂肪酸」がその原因です。

マーガリンの製造過程は、
原料の植物性油脂に「水素」を添加する

液状だった植物油が硬化する

マーガリンの素「硬化油」ができあがる


この水素を添加する段階で、問題のトランス脂肪酸が発生します。つまり「人工的な産物」です。

このトランス脂肪酸が
  • 心臓疾患
  • ガン
  • 喘息
  • アトピー性皮膚炎
などの病気の一因である可能性が指摘されているようです。

⇒普段食べている食品の成分表示を確認したほうがいいですね

このトランス脂肪酸がマーガリンやファットスプレッドに数%~十数%ほどですが含まれています。西洋ではマーガリンの製造・発売を禁止している国々もあるようです。植物性油脂だから健康的!というわけではないようですねf(^^;)

日本マーガリン工業会が語る安全性

・日本人のトランス脂肪酸の摂取量は欧米人よりも少ない
・WHO(世界保健機関)は、トランス脂肪酸のエネルギー比を1%未満とすると提唱
・日本人の平均は0.3%(2006年)
・トランス脂肪酸の害を減らす「リノール酸」を日本人は多く摂取している
・トランス脂肪酸の過剰摂取が健康被害へと繋がる恐れがあるので、バランスの良い食事を心がけるのが大切


健康被害を意識して、マーガリンの摂取量を調節しましょう…といったところでしょうか。

賛否両論ありそうですが、量を減らして時には楽しみたい♪という気持ちもあります。

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ