灯油の処分の仕方※少量でも大量でも費用は無料でOKの方法

スポンサーリンク

 

灯油の処分の仕方って迷いますよね?

touyu_tank
使い切れなかった灯油は次の冬まで保管しておけないって聞きます。

だから毎年冬の終わりに残った灯油を捨てることになるわけですが、きっとたくさんの人がこの処分方法で困っていると思い、簡単な方法はないか調べてみました!

少量の灯油の処分の仕方

我が家では毎年いつもぎりぎりまで灯油を使いきって石油ファンヒーターをしまうのですが、それでもファンヒーターの底の受け口の所とポリタンクの底にわずかな量が残ります。

量としたら50cc~100ccくらいの少量です。

これくらいの少量の灯油は

1. 雑巾や新聞紙に染み込ます
2. 垂れないように新聞紙で何重かに包む
3. ビニール袋に入れる
4. 「燃えるゴミの日」に可燃ごみとして出す



これでOKです。

こうやって出せば発火する危険性もなく安全です♪

大量に残った灯油の処分の仕方は?

思ったより暖かくなるのが早くて大量の灯油が使い切れず残ってしまうこともありますよね。

オール電化にリフォームして、ファンヒーターを使わなくなったから、買ってあった灯油がそのまま残ってしまうケースもあるでしょう。

こういうポリタンクに半分から1本分の大量の灯油は

ガソリンスタンドにまかせましょう。

ガソリンスタンドに頼んで処分してもらうには?

1. 近くのガソリンスタンドに電話で問い合わせる
2. 処分OKであれば、スタンドに持ち込む

通常は無料で引き取って処分してくれますよ。

※すべてのガソリンスタンドで受け付けているわけではありません。オイル交換などのサービスをしてくれているスタンドのみです。

ガソリンスタンド

絶対やってはいけない捨て方

  • ポリタンクに入れたままゴミに出す
  • 庭に穴を掘って埋める
  • 河川に流す
  • 下水に流す

こんなアイディアで使いきってしまう手もアリ!

大量に残ってしまった灯油を処分するのにわざわざガソリンスタンドまで持って行くのは面倒くさいですよね。

そんなときは梅雨の時期に洗濯物を乾かすのに使ってみてはいかがでしょうか?

ファンヒーターをお風呂場に持ち込んで運転させれば、灯油もゼロに出来るし、洗濯物も乾いて一石二鳥ですよ!

冬の終わりから梅雨頃までは半年程度なので、灯油は変質しておらず使っても大丈夫ですから。

ファンヒーター

灯油はホントに次の冬まで保管しておけない?

使い切れなかった灯油は次の冬まで保管しておけないのか、これには諸説ありますね。

国民生活センターなどの行政機関では安全を期するために
★シーズン中に使い切れなかったものや長期間保管したものは使用するな!
と注意喚起しています。

実際にそういう古い灯油を使って石油ストープ等が故障したケースもあるそうです。

しかし、ヤフー知恵袋で一般の方の書き込みを読むと
★しっかり保存しておけば1年くらいは使える
という意見が大半ですね。

その保存方法ですが
  • 赤や青の灯油専用のポリタンクで保存する
  • 直射日光を避けて涼しい物置で保管する
といったことを守れば大丈夫だそうです。

実際、我が家でも何回か前年の残った灯油を持ち越して使ったことがありますが、特に故障はしませんでした(日当たりの悪い庭に置いてある物置で保管していました)

こればかりはご自分で判断して「使うかどうか」決めて下さい(^_^;)

※ファンヒーターの底に残った灯油は変質しやすいので、シーズン終わりにしまうとき、スポイトで吸い取ってキレイにしておいたほうがいいですよ。ファンヒーターの灯油タンクも空にして保管が基本です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ