風邪の免疫力を高める食べ物※冬の食事はこれで体温アップ!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 347

風邪の免疫力を高める食べ物ってどんなもの?

マスクをするサラリーマン
毎年、冬には1~2回、必ず風邪をひいてしまいます(T_T)

それも忙しい年末年始とか、寒さがゆるむ3月頃とか、「なんで今頃?」って時期にかぎって引いてしまうんですよね・・・・・・

そこで今年の冬は絶対にひかないように、抵抗力を高める食べ物をしっかり食べて体温を上げておこうと思います!

風邪の免疫力をアップさせる栄養素と食べ物とは?

風邪に対して免疫力をアップさせる栄養素は「ビタミンA・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛」です。

これらの栄養素を多く含む食べ物をまとめました。

ビタミンAを多く含む食べ物

3本の人参
モロヘイヤ・レバー・しそ・うなぎ・人参

ビタミンCを多く含む食べ物

赤と黄色のパプリカ
のり・赤/黄ピーマン・アセロラジュース・パセリ・レモン

ビタミンB6を多く含む食べ物

2個のにんにく
にんにく・まぐろ・かつお・鶏肉・バナナ

ビタミンEを多く含む食べ物

アーモンドの粒
アーモンド・唐辛子・抹茶・すじこ・いくら

亜鉛を多く含む食べ物

網焼きにした牡蠣
牡蠣・ビーフジャーキー・チーズ・煮干し・たたみいわし

ヨーグルト(乳酸菌)はホントに風邪に有効?

人間の免疫細胞は、なんと

7割が腸内にあります。

ヨーグルトを食べることで、そうした腸内の免疫細胞が活性化するため確かに有効みたいですよ。

ヨーグルトのなかでもR-1乳酸菌を使ったヨーグルトはとくにインフルエンザの予防に効果的らしいです(小学生に食べさせる実験をしたら、食べた子供のほうが感染率が低かったとか)

風邪をひかないために気をつけたいこと

食べ物で免疫力を高めておくのも大切ですが、それ以外に毎日の生活で気をつけておくことがあります。

こんなことが体の免疫力を下げています!

スポンサード リンク

  • 寝不足が続いている
  • 体の疲れを溜めている(休みで疲れが抜けてない)
  • 日々ストレスを感じている

寝不足で迎えた朝
仕事でストレスが溜まり、残業などで寝不足が続くと、体の疲れが取れません。風邪のウイルスが活発ではない夏場ならただ過労状態になるだけですが、冬場は体の抵抗力が落ちてガードが緩くなり風邪のウイルスの侵入を許してしまいます(汗)

しかし、不思議なのが同じような生活をしているにもかかわらず、風邪をひきやすい人ひきにくい人がいることですね。その違いは別記事【風邪を引かない方法は?秘密は滅多に引かない人の習慣にあり】をご覧ください。

免疫力アップのために体温を上げよう

人間の体の免疫力は体温に左右され、

体温が1度下がってしまうと

免疫力が30%もダウン↓↓↓

してしまいます(^_^;)

なので、風邪を予防するためには体温を下げず、なるべく上げる食べ物を選んで食べたほうがいいわけです。

体温を上げる食べ物は?

丸のままのカボチャ
人参・レンコン・ごぼう・かぼちゃ・ブロッコリー・菜の花・にんにく・生姜・唐辛子・春菊・鶏肉・羊肉・まぐろ・鮭・カツオ・シナモン

体温を下げる食べ物は?

2本のキュウリ
トマト・レタス・きゅうり・ゴーヤ・なす・バナナ・グレープフルーツ・オレンジ・パイナップル・キウイ・柿・メロン・梨・みかん・冷たい飲み物や食べ物(アイスクリーム等)
※基本的に夏野菜は体を冷やすように、冬野菜は体を温めるようにできています

※東洋医学で、体温を下げる食べ物は「陰性」といい、上げる食べ物を「陽性」といいます(科学的に実証されているわけではありません)

食べ物以外の生活習慣では、普段シャワーだけで入浴を済ませている人は、湯船につかって体を暖めるのも有効ですよ☆

⇒家の中で出来る体温アップの簡単な運動です^_^


冬こそ思いっきり「笑い」ましょう♪

風邪の免疫と「笑い」にどう関係があるのか、不思議ですが、実は大アリなんです(断言)

ひとは笑うとストレスが発散されてNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化します。

NK(ナチュラルキラー)細胞とは

⇒風邪などのウイルスやガンなどの細胞の悪性化を察知して、攻撃する免疫細胞のこと

つまり笑うことで体の免疫機能が元気になって、風邪をひきにくくなるわけですね。冬にM-1(現在はザ・マンザイ)をやったり、お正月番組に芸人総出のお笑い番組が多いのも、理にかなってるわけですよ(^^)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ