新築祝いのお返しの相場※親戚・兄弟・親へはいくら返す?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 258

新築祝いのお返しは、何を選べばいいのか友達が困っていました。

shouhinken

その友達はつい最近、家を新築したのですが、その際にたくさんの方からお祝いのご祝儀やお祝い品を頂いたので、なにかお返しをしたいらしいのです。

そこで世間の常識はどうなっているのか?、私が代わりに調べたことをまとめてみました。

お返しは必要ない?みんながやってるやりかた

世間の一般的な常識では、

新築祝いのお返しは



形(商品)として返さない
のが常識なんだそうです。

その代わりに新居が完成してからお披露目を兼ねてお祝いを贈ってくれた方を招待して、ご馳走を振る舞って感謝の言葉を述べるというのが本来正しい風習です。

自宅に招くのが難しい人へのお返しは?

友達や身内ならば気軽に新居へ招いて手作りの料理をご馳走して、それをお返しの代わりとすることができますが、そうした気軽な間柄ではない人、あるいは離れた場所に住んでいて招くことが難しい人へのお返しには何かしら形のあるものを贈らないといけません。

こうした新築祝いのお返しでは、目上の人だけではなくあらゆる人に対して現金でお返しするのはマナー違反だとされています。

なので品物か、あるいは商品券、カタログギフトなどが適当ですね。

品物でしたら湯のみやコーヒーカップなどの「容器」を贈る風習があるそうです。家はひとつの入れ物(容器)だと見立てるところからきているのだとか。

このようにお返しの品物は消えてなくなるものではなくて、形として残るものを贈るのが一般的です。

私の友達にこのような事情を伝えたところ、JCBのギフト券を贈ることにしたそうです。
こういった商品券を選ぶ際は全国にある幅広いお店で使えるものが適しています。特定の百貨店の商品券やローカルな地域でしか使えないものは避けましょう。

親・兄弟・親戚への相場の金額を知りたい

それでもやっぱり新築祝いをくれた人にすべて平等にお返しがしないと気が済まないという人もいるかもしれません。

そうした場合の世間一般の相場とはいくらなのか調べてみました。

このようなお返しのことを「内祝い」と呼びますが、この内祝いは頂いた金額の3分の1から半額が目安とされています。

しかし一般的な常識では

スポンサード リンク

「半返し」(半額を返す)のが常識になってるようです。

1万円を頂いたら5千円分の商品券か、その金額に当たる商品を贈るのが通例です。

ちなみにお返しをするときの「のし」の書き方は上段に「内祝」と書き、下段に自分の姓を書き入れます。

親から10万円のお祝いをもらった、お返しはどうする?

親からの新築祝いは高額になりますよね。
そうした場合のお返しをどうするか、ネット上の意見を拾ってみました。

・自宅に招いて手作りの料理をもてなす(これは基本)
・もらった金額の半額から1/3の額のお返し
・高額(100万円ほど)のお祝いに対しては1/3も返す必要はない
・お食事券や宿泊券をプレゼント(こうした券は額面がわからないので好都合)
・温泉旅行や海外旅行をプレゼント
・親にお返しは必要がない(失礼になる)

などなど様々な意見が飛び交っていました。みなさんはどう思われますか?

新築祝いのお返しまとめ


・お返しは新居に招いてご馳走すれば良い

・それが無理な人には商品券か品物を贈る

・お返しの額の相場は3分の1から半額が一般常識

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ