梅ジュースの効能※熱中症の予防に効果的な3つの理由とは?

スポンサーリンク

 

梅ジュースが熱中症に効果的!と通販の商品でうたっているのですが…

コップ一杯の梅ジュース
ホントに熱中症を予防する効能があるのでしょうか…?

殺菌効果でお弁当に…のイメージですが、「梅は医者いらず」とも言いますし。

半信半疑な私は、さっそく調べてみました(^o^)

「梅ジュースの効能~熱中症予防に効果的?~」と「梅ジュースの作り方」をご紹介します。

梅ジュースは熱中症の予防に効果的?

梅の効能を調べてみると…ありました!!
予想以上に多くの効能がある上に、熱中症の予防効果もしっかりと☆

梅ジュースが熱中症の予防に効果的なワケ



●食欲不振や夏バテを予防
程よい酸味には唾液や胃液の分泌を促して、消化促進、食欲をアップさせる効果があります。

●疲労回復&筋肉疲労の予防
たっぷり含まれるクエン酸が疲労物質「乳酸」を分解して体外に排出させます。そして新しい乳酸が作られるのも抑制してくれます。
※乳酸が溜まると、体が酸性になり細胞の活動は衰えます。筋肉が収縮する力が衰えた頃には、体に疲労を感じるようになります。

●血液を弱アルカリ性に保つ
健康を保つには血液を弱アルカリ性に保つ必要があります。梅は体を弱アルカリ性に保ち血液をサラサラにしてくれます。

疲れや寝不足、また食生活により体が酸性に傾いていると、体の機能は衰えます。体調の不調も熱中症の大きな原因となるのです!

梅ジュースの作り方はすっごく簡単です☆

生の青梅
梅ジュースを作るのに市販の梅エキスを利用してもよいですが、自宅でも梅ジュースがとても手軽に作れるんですよ♪

☆材料はこれだけ☆
  • 青梅…1kg
  • 氷砂糖…1kg

※砂糖は氷砂糖の他にグラニュー糖・上白糖・三温糖でも作れます

作り方の手順

1.青梅のヘタを取り綺麗に洗って、水分をしっかりと拭き取る

2.蓋付きの瓶の底に、氷砂糖を敷き詰める→青梅を敷き詰める→氷砂糖→青梅と層になるように交互に1段ずつ敷き詰めていく

3.蓋をして常温で置いておく

4.毎日、ビンを揺する・軽く逆さまにするなどして氷砂糖を溶かす

5.1週間程すると完成。氷砂糖が全部溶けているのを確認しましょう!

6.梅とシロップを分ける。

⇒作り方の動画はこちら(梅を凍らしてからのほうがエキスが出やすいそうです)

シロップを殺菌したい場合は、鍋で加熱殺菌してから瓶に入れて冷蔵庫で保存します。エキスの出た梅は少々シワシワですが、お茶漬けにしたり、ジャムにして食べられますよ!

炭酸割りにしたり、水で割ってはちみつやレモンを足したり、好みでいろいろな飲み方を楽しんでみて下さいね(~o~)

便秘解消と美肌効果もあります♪

梅干しには整腸作用があるため、便秘にも効果的です!

梅は消化液の分泌を促し、消化吸収を促進させるため、胃から腸へと不要なものを効果的に排出してくれます。

また腸内の悪玉菌の増殖を抑えてくれる作用もあるのです!

そして!梅にたっぷり含まれるクエン酸には、新陳代謝を促進させる作用もあるため、肌のハリ・ツヤを維持したり、老化防止などの効能もあります。

手作りの美味しい梅ジュースを楽しんで♪しっかり熱中症予防をして☆

その上、美肌効果のおまけまで付いてくるなんて!ぜひ一家に1ビン常備したくなりますね(^-^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ