しもやけが足の指と裏に【かゆい・痛い】の原因と治療法は?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 08

しもやけが足の指と裏にできて、かゆい!ちょっと痛みもあって辛い!

両足の指
足の指先が赤く腫れていて、まるで「おしん」の世界みたい・・・・(>_<)

毎年、冬になると雪国に住んでいるわけでもないのに、こうなってしまうんですよね。寒い戸外で仕事をしているわけでもないのに、なぜしもやけになるのか、その原因が謎でした。

今年の冬こそ「脱しもやけ」を目指して、治療法を徹底的に調べてみましたよ!

なぜ足に「しもやけ」が出来てしまうのか?その原因は?

しもやけになるのは決まって冬ですよね?大元の原因はやはり「寒さ」にあります。

どうして「しもやけ」になっちゃうの?

寒いと血管の動脈と静脈が収縮する

暖かくなっても動脈に比べて静脈は収縮が元に戻りにくい

体の抹消部分である足に血液(栄養)が届きづらくなる

足がしもやけの症状を起こす

・・・と、このような流れで起こるわけですね。

どういう仕事の人や格好をしているとなりやすい?

では、どういう人や格好をしていると「しもやけ」になりやすいか、気になりますよね?

こんなことが原因になってます

  • 足先の細まった靴(パンプスやブーツ)を長時間履いている
  • 寒くても靴下を履いていない
  • 運動をして靴下が汗で湿ったのに替えずに足を冷やした
  • 立ち仕事をしている時間が長い
  • 冬場に外で力仕事(雪かき等)をした
  • 締め付けの強い靴下やストッキングを履いている
つまり足先の血行を阻害するような靴を履いていたり、足先を冷やす状態においているとなりやすいわけです。

最近の保育園では冬でも裸足で過ごさせるところがあるそうで、子供の患者も多くなっているそうですね(^_^;)

色んな種類の靴下

自分で出来る治療法は?

同じ環境にいても、しもやけは「出来る人」と「出来ない人」に分かれます。それは体質によるところが大きく、もともと体の血行が悪い人がなりやすいわけです。

しもやけになったら、自宅で出来る治療法といえば、体の血行を良くして足や手の指などへの末梢まで血液をたくさん運ばれるようにすることですね。

具体的な治療法は?

スポンサード リンク

  • お風呂で足の指をよく揉みほぐしてマッサージする
  • 入浴時に足の指を「お湯と水」に交互に30秒ほど浸けることを繰り返す
  • お風呂に入れない昼間は足湯をする
  • ビタミンEが多い食品やサプリメントを摂る
  • 薬局でステロイド外用剤を購入し塗る(肌の弱い人は薬剤師と相談を)

ビタミンEには毛細血管の血流を良くする働きがあるため、しもやけ等の血流障害で起こる病気には効果的です。

※ビタミンEを多く含む食べ物は・・・ナッツ類(ピーナッツやアーモンド)、植物油、抹茶、すじこ、いくら、いわし、あゆ、たらこ、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ、などなどです

⇒お湯と水に交互につける「交代浴」のやり方動画です(^^)


しもやけを治すには病院の何科へ行けばいい?

もし上記のような治療法で治らない場合は、病院で診察を受けることをおすすめします。

しもやけを治す場合は、総合病院の皮膚科が適しています。

病院に行くと出される薬は

  • 塗り薬(軟膏)
  • ビタミンEを含む飲み薬
  • 血流を促進する薬
などが処方されます。

しもやけにならないように予防するには?

普段の生活で以下のような点に気をつけていると、しもやけになりにくくなりますよ♪

  • 部屋を暖房していても足が寒い時はひざ掛けを掛ける
  • 冬場はなるべくゆったりとした足先がきつくないデザインの靴を選ぶ
  • 厚めの靴下を履く(血行を阻害しないよう注意する)
  • 五本指のソックスを履くのが理想的
  • 運動をして足先に汗をかいたら靴下を替える
  • 靴やその中敷きはよく乾燥させてから履く
  • お風呂から上がったら足の指もよく拭いて乾燥させる

最後のまとめ

一時は足の親指と中指が腫れて、歩くたびに痛みがピーンと走ったものですが、お風呂でのマッサージを繰り返していたら、だいぶよくなってきました(^^)

お湯と冷たい水に交互に足を浸けるのは、面倒ですけど、ホントに効きますよ!

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ