風邪とインフルエンザの見分け方※症状の4つの違いで分かる

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 33

あれ、風邪をひいた?、いやインフルエンザかも?

熱を出して寝込む女性
このふたつの見分け方、分かりますか?

いや、分かりませんよね。実際、私も風邪とあなどっていた症状が、後日インフルエンザと診断された経験がありますから。

もしいま高熱やひどい頭痛に苦しんでいたら、インフルエンザを疑ったほうがいいかもしれませんよ。

風邪とインフルエンザを症状で見分ける4つのチェックポイント

1. 発熱(体温)

●風邪・・・38度程度の微熱
●インフルエンザ・・・38度以上の高熱

2. 初期症状

●風邪・・・微熱、喉の痛み、鼻水、くしゃみ、咳(局所的に出る)
●インフルエンザ・・・高熱、頭痛、悪寒、筋肉痛、関節痛(全身に症状が出やすい)

3. 症状の進行




●風邪・・・ゆるやか
●インフルエンザ・・・急激

4. 頭痛や寒気や関節痛の強さ

●風邪・・・弱い
●インフルエンザ・・・強い

※朝に体温を計り38度台の熱があった場合は、夕方にかけて更に体温が上昇する可能性があるためインフルエンザの恐れがあります

風邪のひきはじめは咳や鼻水などささいな症状からですが、インフルエンザの場合は
高熱が突然出たり
、関節痛などの体の痛みや倦怠感として症状が現れます。

しかし、一発で分かるような決定的な違いがないため、「重症の風邪」と「軽いインフルエンザ」は、自分自身でも家族からも見分けがつけづらいようです。

風邪とインフルエンザはどう違う?

では、そもそも風邪とインフルエンザはどこがどう違うのかというと、

風邪とは

スポンサード リンク

喉の痛み、鼻水、咳、吐き気、発熱などの症状の総称で、正確には「風邪症候群」と言います。約200種類もあるというウイルスに感染することが原因で、インフルエンザウイルス以外のウイルスに感染したものが風邪(普通感冒)です。

インフルエンザとは

風邪の中でインフルエンザウイルスの感染が原因で引き起こされるもの。人から人への感染率が高く、ウイルスの種類はA型・B型・C型などに分けられます。このうち流行するのがA型とB型で、C型は幼児に感染者が多く軽い症状で済むタイプのものです。

風邪を引いた子供
インフルエンザはもともとは風邪のひとつに数えていましたが、特に症状が重く、大流行する年には死亡者も出ることから区別されるようになりました。

それぞれの対処法の違い

風邪は市販薬を飲んだりして静養していれば治ることがほとんどですが、
インフルエンザは自然に治るのが難しいため
、病院へ行きタミフル等の抗ウイルス薬を処方してもらい飲む必要があります。

また、インフルエンザは周りの人へ感染する恐れが高いため、感染症に認定されており、登校や出勤は控えることが求められます。

最後にちょこっと感想コーナー

数年前に高熱が出た時は死ぬ思いをしました。あまりの頭痛の辛さに、ひとりベッドで唸っていましたね。そのときはインフルエンザとは思っていなくて、寝てればいずれ治るだろうと思っていたんです(^_^;)

しかし、1日経ち、2日経っても治らないので、決死の思いで総合病院へ行ったらインフルエンザという診断。それで薬を処方してもらって飲んだところ、立ちどころに快方に向かいました。

今思えばあの薬がタミフルだったのかも?熱が一気に下がり頭痛も治まり、驚くほどのスピードで治っていきましたよ。

ちょっとでも症状が辛いなと感じたら、すみやかに病院へ行って診てもらうことをおすすめします。素人では見分けられないものですからね。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ