入学祝いの相場|孫・姪・甥に祖父母や身内はいくら包む?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 259

入学祝いの相場っていくらなのでしょうか?

小学校の入学式
祖父母から、孫へ。身内から、姪・甥へ。

小学校・中学校・高校、大学入学…それぞれいくら包むものでしょうか?

いざ準備!という時に迷わないために一般的な相場を調べてみました☆

ここでは
・「入学祝いの相場 ~小・中・高校、大学入学~」
・「祝儀袋の表書き」
・「入学祝いを贈る時期」
・「品物を贈ってもよい?」をご紹介します。

入学祝いの相場 ~小・中・高校、大学入学~

小学生と大学生、年齢の差が大きいので金額に開きがあるかと思いましたが…

【一般的には一律¥10,000】

を贈っています。(保険会社調べ)

●祖父母から⇒孫へ ¥10,000
●身内から⇒姪・甥へ ¥10,000 

上記とは別で、銀行調べでもやはり一律¥10,000という結果が出ていました。

ですが一方で、貰い手(子供)の年齢に応じて金額を決めるという場合も多くあるようですよ。

『年齢に応じた祝い金の相場』

●小学校 ⇒3~5千円
●中学校 ⇒5千円
●高校 ⇒5千円~1万円
●大学 ⇒1万円~数万円
年齢に応じて決める場合の一般的な額は、このようになっています。

どちらの相場も、あくまでも目安としての金額ですので、貰い手(子供)との親密度なども考慮して、納得のいく額を「気持ち」として贈るのが一番大切ですね(^-^)

祝儀袋の表書きはどうする?

おめでたいお祝い事ですので、祝儀袋は【熨斗(のし)付き】を選びます。熨斗・水引きが印刷してあるものも広く使われています。

『表書き』は?

スポンサード リンク

●入学御祝
●御入学御祝
●祝御入学
●御祝

これらが広く使われています。



『水引き』は?

●紅白蝶結び 
を用いましょう。

小学校・中学校・高校、大学入学まで共通です!

入学祝いを贈る時期はいつ頃がベスト?

小学校、中学校の義務教育で入学が確実に決まっている場合はよいですが、それ以外の受験の結果によって入学が決まるような場合は、

≪合格の結果が出て入学が決まってから贈る≫

ように気をつけて下さいね(*^。^*)

『贈る時期』

●一般的には3月初旬から下旬(遅くとも入園式の2~3週間前まで)

※入学してから…だけはなるべく避けましょう

祝いの品物を贈るとしたら?

お祝い金(現金)の代わりに、品物を贈る事も可能です。

ですが…実際にもらった側の意見としては「現金が嬉しかった・助かった」という意見が圧倒的に多いようです。

ものいりな時期ですので、素直に現金が喜ばれるようです♪

品物の場合は…

祖父母や、身内の立場からだと「欲しい物」を聞きやすいと思いますので、直接欲しい物を確認してから品物で渡すと、喜ばれるでしょう。

高校の入学式

入学祝いにはこんな贈り物が選ばれています

●学習机やランドセル(小学校) ⇒祖父母からの贈り物として贈る事も多いようです
●制服(小学校・中学校・高校)
●入学式用の洋服、スーツ仕立て券(私服の小学校・大学)
●入学式用または通学用の靴
●腕時計、定期入れ(高校・大学)
●文具券・図書カード(小学校~大学まで共通
)

「おめでとうの気持ち」を伝えることって大切ですね(~o~)「身内」という立場を活かして、欲しい物を聞き出して喜ばれるものを贈れたら、贈る自分まで満足できて嬉しい気持ちになれそうですね♪

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ