花粉症の頭痛の原因と対策※微熱・だるさを治す方法や薬は?

スポンサードリンク

花粉症の頭痛…ズキズキした痛みが続く原因は何でしょうか?

頭痛に苦しむサラリーマン
つらい微熱やだるさ・・・

治す方法や薬など対策はないの??と辛くてお困りの方!

少しでも快適に花粉シーズンを過ごす手助けになればと思います☆

アラフォーになった現在は、驚くほど花粉に反応しなくなりましたが…私自身も毎年毎年、ズキズキ痛み続ける頭痛のせいで気が滅入っていました↓↓

対処法など参考になればと思います(^-^)

ここでは
・「花粉症の頭痛の原因は?」
・「花粉症が原因なの?併発する他の症状は?」
・「頭痛・微熱・だるさを治すには?~緩和させる方法~」
・「頭痛を緩和させる薬は?」をご紹介します。

花粉症の頭痛の原因は?

花粉症の時に起こる頭痛。実は…

【鼻が原因の可能性が高い】のです!

頭痛の原因が鼻??と思う気持ちと、そもそも花粉が鼻に入ってアレルギーが起きるわけだから分からなくもない、と思う気持ちがありますねf(~~;)

鼻の周辺には…前頭洞をはじめ「○○洞」と呼ばれる4箇所の空洞があり、この4箇所の空洞を合わせて【副鼻腔】といいます。

この副鼻腔に起きた炎症が、頭痛を引き起こす原因となるようです。

花粉症の頭痛が起きる流れ

1.花粉症など鼻炎アレルギーで鼻水・鼻づまりが続く(鼻の粘膜は炎症を起こしています)

2.炎症を起こして鼻がつまっているところに菌が作用して膿になる

3.副鼻腔に膿が溜まり副鼻腔炎になる

4.鼻の粘膜の炎症や副鼻腔炎のために、吸い込める酸素量が少なくなって酸欠状態になる

こうなると「頭重」や「頭痛」の症状が現れます。

花粉症が原因となって併発する症状

「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」また「目・のど・皮膚のかゆみ」などは花粉症の主な症状として広く知られているので、花粉症だと自覚しやすいと思います。

頭痛のように、花粉が直接的な原因ではない症状は他にもあるのでしょうか?

併発する可能性のある症状

●歯痛
●顔面痛
●熱っぽい(微熱)
●だるい
●集中力の低下
●イライラする

だるさを訴える男性
※必ずしも併発するわけではありません!個人差があります。

首から上の症状だけでなく、全身症状をともなうこともあるようですよ。

頭痛・微熱・だるさを治すには?~緩和させる方法~

花粉症が原因の「頭痛・微熱・だるさ」の場合に、
頭痛薬を飲んで対処するのは、実は適切ではありません!!


原因である花粉症の治療をしないことには、いつまでも頭痛・微熱・だるさが起こり得るのです。

【花粉症を治療する=頭痛・微熱・だるさが治まる】

ということです。そのため耳鼻科を受診するのが1番なんです☆

自分で心がけられる治療としては…

スポンサード リンク

●メガネやマスクでガードする
●帰宅後は鼻うがいをして花粉を除去する
●点眼薬・点鼻薬などをさす

症状を緩和させるには、可能な限り花粉を絶つのが何よりです!室内にいる場合でも、花粉を絶つことを意識しましょう。

イヤな頭痛を緩和させる方法がコレ!

花粉を絶つ対策をした上での~頭痛を緩和させる方法~をご紹介します。

頭痛を緩和させるには、鼻の通りを良くするのが1番なんですが、それにはツボを押したり温めるのが有効なんですよ!

鼻と眉間にあるツボを温める

☆用意するもの⇒温かい蒸しタオル
・鼻の付け根から鼻の頭・頬骨の辺りまで蒸しタオルをかぶせて温める
・眉間を蒸しタオルで温める
※鼻の穴は絶対にふさがないで下さい!

⇒蒸しタオルは電子レンジで1分チンするだけ

上記と合わせて頭の後ろ側のツボ押しが有効です。

頭の後ろのツボ押しのやり方

頭蓋骨と首の堺目を親指で押して刺激する

そのまま頭蓋骨の骨の際を耳側へと押して刺激する
(頭痛の緩和に効果的なツボです☆)
※左右とも境目~耳側へ同じように押しましょう

ツボはその周辺を刺激する・温めることでも十分に効果を得られます。押して刺激する場合は、押して「痛い」と感じるところがツボ周辺になるので分かりやすいと思います。

試してみて下さいね(~o~)

頭痛を緩和させる薬は?

先の説明で『頭痛が治まる=花粉症を治療する』ということをお分かりいただけたと思います。

ですので、ここでは頭痛を緩和させることに繋がる「花粉症に効くと評判の薬」をご紹介します!

●アレグラFX
最も眠気が出にくい薬で、眠気の副作用説明がありません!医師処方のアレジオンとほぼ同等の効果のようですよ。

●ストナリニZ・コンタック鼻炎Z
現在もっとも効果が高いと評価されているジルテック錠。眠気が強いとされているので寝る前に飲むとよいでしょう。

花粉症の頭痛やだるさなど、不快な症状から少しでも解放されるといいですね(^-^)お大事にして下さいね☆

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ