ひな祭りの意味※歌詞・菱餅・蛤・ぼんぼり・甘酒の意味は?

スポンサードリンク

3月3日といえば、桃の節句、ひな祭りですね。

ひな祭りの飾り

女の子のお子さんがいるご家庭では、雛人形をだして祝う日ですが、「ひな祭りってどういう意味があるの?」と訊かれても、うまく返答できない人が多いのでは?

そこで、子供にも説明しやすいように噛み砕いて、ひな祭りの歌の歌詞や飾るもの(菱餅・蛤・ぼんぼり・甘酒)などの意味するところを調べてみました!

そもそも「ひな祭り」を祝う意味って?

現在でのひな祭りを祝う意味は

女の子が元気に成長する!

ことを祈ってお祝いする伝統行事です。

しかし、大昔のひな祭りの原型となった行事では

災厄や穢れを祓うための儀式でした。

今も一部の地域で行われている「流し雛」が水辺で行われているのがその証拠で、自分自身の身の穢れを人形に代わってもらい、それを水に流して清めるという意味があります。

この行事が江戸時代になると庶民の間で、雛人形を飾って女の子の成長を祝う年中行事へと変化していったそうです。

「ひな祭りの歌」の歌詞が意味不明・・・

ぱっと浮かぶあのひな祭りの歌は「うれしいひな祭り」という曲名で、1936年(昭和11年)に発売された曲です(当時はレコードでした)

作詞者は詩人のサトウハチローさんと言います。

著作権の関係上全ての歌詞を引用できませんが、この歌詞で意味が分からないのが

♪お嫁にいらした姉様に
よく似た官女の白い顔

※「うれしいひな祭り」歌詞より引用



という部分ですね。

この「お嫁にいらした姉様」が突然出てきて「一体誰?」と不思議なんですが、この「姉様」というのは、作詞をしたサトウハチロー氏の実の姉だという説があります。

サトウハチロー氏は幼少時代にひどい火傷を負い、家に閉じこもりがちでした。そんなサトウハチロー氏に優しく接してくれたのが姉だったのですが、その姉は嫁ぐ直前に病気で他界します。
3人官女
お嫁に行った姉を官女に投影して、妹がひな祭りを祝う歌詞とも解釈できますし、「お嫁にいらした」を「遠くへ行ってしまった(亡くなった)」という解釈もできます。

そう思って聴くとこの曲は物悲しく響きますね・・・・。

ちなみに「官女」というのは、「お内裏様」のお世話をする女性で3人います。(3人官女)

※お内裏様は、雛人形の「殿と姫」の両方を指す言葉です。なのでこの「うれしいひな祭り」の歌詞の「♪お内裏様とおひな様」という表現は間違いになりますね。

明かりをつけましょ、ぼんぼりに?

上記の「うれしいひな祭り」の歌詞に「明かりをつけましょ、ぼんぼりに♪」という一節がありますが、最近の子供にはピンときませんよね?

この「ぼんぼり」は何かというと?

スポンサード リンク

カンタンに言えば「ちょうちん」です。

灯りがついたぼんぼり
江戸時代などに使われていた部屋を明るくするための照明器具で、紙や絹で覆いを付けて中でローソクや油を燃やして灯りにしていました。

最近のものは中に電球が仕込まれていて電気じかけが主流ですね。花見会場で木と木の間にぶらさがっているのもぼんぼりですよ。

菱餅はなぜあんなにカラフル?

菱餅って赤・白・緑の菱型のお餅が重ねられていますよね。でもあれって一体なぜあんなにカラフルなのか、意味なんて知らない人がほとんどだと思います。

もともとはこれ、江戸時代までは緑と白の2色だったそうです。それが明治時代になって赤が加わっていまの形になりました。

菱餅の色が意味するのは?

赤・・・解毒効果のあるクチナシで色を付けていて、魔除けを意味する
白・・・血圧を下げる菱の実が入っていて、子孫繁栄や長寿や純血を意味する
緑・・・香りのあるヨモギで色を付けていて、厄除けや健やかな成長を意味する

それぞれの色がイメージしているものは?

赤・・・桃の花
白・・・雪や残雪
緑・・・新緑や新芽

3色の菱餅

重ねる順番は?

●下から「緑・白・赤」
●下から「白・緑・赤」
という2パターンがあります。

この2パターンの重ね順にはちゃんとそれぞれ意味があります。

菱餅を重ねる順番の意味は?

「緑・白・赤」・・・残雪の下に新緑が芽吹き、そのうえに桃の花が咲いているという初春の風景
「白・緑・赤」・・・残雪の上に新緑が芽吹き、そのうえに桃の花が咲いているという初春の風景

※現在では5色のものまでありますよね。最近加わった黄色とオレンジは、それぞれ月と太陽を意味しているそうですよ♪

なぜ菱型をしているの?

「菱(ひし)」という植物の葉の形が「菱型」をしているため
※菱の実にはこれを食べると長寿になるという中国の伝承や、インドで子供のいけにえの代わりに菱の実を差し出したという伝説があります。そこから子供の長寿と安全を祈って捧げられるようになったという説が有力です。

⇒菱餅風のいちご抹茶ミルクプリンをお子さんと手作りしては?


蛤(はまぐり)のお吸い物を飲むのはなぜ?

ひな祭りの料理ではちらし寿司などに必ず蛤のお吸い物や味噌汁がつきますよね。あれにもちゃんと深い意味があるんですよ。

蛤という貝は「二枚貝」であるところから

二枚の貝=仲の良い夫婦=よい伴侶が見つかりますように!
という良縁を願う意味が込められています☆

はまぐりのすまし汁
蛤の殻をバラバラにすると、元の貝同士以外ではピッタリとくっつかないそうです。そこから「世界でたった一人の伴侶」と出会って添い遂げることを祈っているわけです。なかなかロマンチックですね(^^)

甘酒は酒にあらず?

ひな祭りに欠かせないのが甘酒です。お子さんも大好きですよね。

この甘酒は、ご飯と米麹だけで作れるため、当然ながらアルコールは入っていません。

なお、ひな祭りでは白酒も飲まれますが、こちらは甘酒とは完全に別物でアルコールが入っていますのでお子さんには飲ませないで下さいね。

ひな祭りに甘酒を飲むのは、中国で縁起が良いとされていた白酒の代わりにアルコールが入っていないもので代用、という理由からなんです。

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ