花粉症の時期2017年※いつからいつまでスギ花粉が飛ぶ?

スポンサードリンク

花粉症の時期がやってきますね・・・・

花粉を飛ばす杉の木

2017年の今年はスギ花粉は、いつからいつまで飛び続けるのでしょうか?

毎年「またこの憂鬱な季節がきたか・・・」と嘆き、「早く終わってくれ~~~」と神に祈る重度な花粉症患者のひとりです。

始まる時期と終わる時期を知っておくだけでも心の準備が出来ると思いますので、楽しい話題ではないですが、一応チェックしておきましょう^^;

要チェック!2017年のスギ花粉はいつから飛び始める?

今年(2017年/平成29年)はいつから飛び始めるかというと、

●九州・中国・四国・・・2月上旬ごろから

●関東・東海・近畿地方・・・2月中旬ごろから

●東北地方・・・3月上旬ごろから

と、このように予想されています。

今年の花粉が飛び始める時期は

例年並になる

と予想されています。早くもなく遅くもないという感じですね。

桜前線と同じようにスギも暖かい地方から花をつけて花粉を飛ばすようになります。花粉症の症状を抑えるには飛び始める前から対策をしておくのがポイントですよ

いつごろまでスギ花粉は飛んでいる?

こんなにもイヤな花粉症も一旦収まってしまうと、すっかりその辛さもいつまで症状が出ていたかを忘れてしまうものです。

去年のことを思い出そうとしても、何月のいつごろまでマスクをしたり花粉症対策のメガネをかけていたかを忘れてしまっていませんか?

そこで、例年の平均的な収束時期を調べてみました!

通常のスギ花粉が飛ぶ時期はいつまで?

⇒毎年「4月下旬」ごろまでとされています。

なので5月頭のゴールデンウィーク頃には辛い花粉症の症状から解放されるという方が多いですね。そういえば連休の頃はもう治っていた記憶があります。

しかし、花粉症の原因となるもうひとつの「ヒノキ花粉」については、

ヒノキ花粉はいつまで飛んでいる?

 5月いっぱいまでとなっています。

いつも5月が終わる頃か、6月の頭まで花粉症の症状が出ている方はヒノキ花粉にもアレルギーを持っている可能性があります。

※テレビの天気予報で「花粉情報」を放送しなくなると、花粉の飛来は収まったと思っていいようです。まだ症状があってもあと少しで消えるはずですよ。

スギ花粉が最も多くなるピークは何月頃?

マスクをかけた花粉症のサラリーマン
もう一日中、目が痒くて鼻水が出っぱなしになるような最も花粉が多く飛び交うピーク時期はいつになるのか調べてみました。

全国各地で花粉が最も多くなる時期

スポンサード リンク

●関東・関西・近畿・中国地方のピークは?
3月上旬から中旬にかけて

●九州のピークは?
2月下旬から3月上旬にかけて

●東北地方のピークは?
3月中旬から下旬にかけて

今年は去年と比べて多いか、少ないか?

花粉症の症状のひどさは毎年変わりますよね。これは空気中に飛散している花粉の量が毎年変動しているからです。

その年の花粉の飛散が多いか少ないかは、前年度(2016年)の夏の気温がどれくらい高かったか?が影響しているんです。

お住まいの地方の去年の夏が平年と比べて暑かったかどうか、思い出してみてください。

一応の目安として現在発表されている全国各地の去年と比べた今年の飛散量の予想はこうなっています。

去年と比べて多いか少ないか?

●北海道・・・かなり少な目
●東北・・・平年並みか、やや少なめ
●関東~北陸・・・平年並みか、やや少なめ
●東海・・・平年並みか、やや多め
●関西・・・多め
●中国・・・平年並みか、やや多め
●四国・・・平年並みか、やや多め
●九州・・・平年並みか、やや多め
 
<私が花粉の飛散がマックスのときに使っている花粉防止メガネがこれです>


北海道はスギ花粉の心配はない?

花粉症に長年悩まされている私が4月上旬の関東ではまだ花粉症が多い頃に、私用で北海道へ行ったことがありました。

北海道へ向かう機内では、くしゃみを繰り返していた私でしたが、まだまだ肌寒い新千歳空港に降り立つと、鼻や目のムズムズ感がすっと消えていきました。

調べてみると北海道にはスギ花粉がアレルギーの元になる花粉症はないそうです。

ただ、そのかわり白樺やヨモギが原因の花粉症はあるそうで、苦しんでいる方が多いそうです。

でもスギ花粉で苦しんでいる私からしたら、このシーズンの北海道は天国みたいなところでしたね♪

数日後、旅行を終えて家へ帰ると、すぐに症状がぶり返してきましたが(;´Д`)

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ