食べ物の消化時間:排便までの時間※嘔吐・下痢した場合は?

スポンサードリンク

食べ物が消化されるまでの時間ってどれくらいなのでしょうか?

胃と消化物
便として出てくるまでどれくらいかかるのか、ちょっと疑問ですよね。下痢をしたら、食べたものがすぐに外へ出てしまうみたいだし・・・・・(汗)

食べた物を嘔吐した場合は栄養は吸収されるのか?、消化を早める方法はないのか?など、気になるポイントをすべて調べてみましたよ!

食べ物が消化されるまでの時間は何分・何時間?

そもそも「消化」とは「胃・小腸・大腸」で、食べ物を体にとって吸収しやすいように変化させることを指します。

でもほとんどの人にとって消化とは「胃が食べ物を消化(通過)すること」をイメージしていると思いますので、まずは食べ物が胃を通過するのに要する時間から調べてみました。

食べ物が胃に滞在する時間は?

平均して3時間ほどです!

※この胃袋への滞在時間は食べ物の種類によって変動します。

続いて

小腸と大腸の食べ物の滞在時間は



小腸には・・・5~8時間
大腸には・・・10~20時間

くらいとなります。

消化時間が「早い・遅い食べ物」一覧

●炭水化物(ご飯・パン・うどん等)・・・2~3時間
●タンパク質(卵・刺し身・牛肉)・・・4時間前後
●脂質が多いもの(天ぷら・ステーキ等)・・・4時間以上

脂肪分とタンパク質たっぷりの焼き肉やステーキを食べた後は「胃がもたれる」状態になりますが、あれは消化しにくい食べ物なので、胃に長く滞在しているというれっきとした根拠があったんですね^^;

食べ物の消化時間を早める方法なんてある?

胃もたれする男性 仕事の帰りが遅くて、食べてからすぐに眠るという生活を送っている方などは、できるだけ食べた物を早く消化させたいですよね?

そうした場合にはどうしたらいいかというと、いくつか消化を早める方法があります。

消化を早める方法

スポンサード リンク

  • よく噛んで食べる
  • 食べた後は体の右側を下にして寝転がり休む
  • 消化に良い食べ物を選ぶ(タンパク質や脂質はなるべく避ける)
  • 食べてすぐに風呂に入らない(なるべく1時間は開ける)

※食事をした直後にお風呂に入ってしまうと、消化するために胃に集まっていた血液体が温まることで全身に散ってしまい、消化を遅らせてしまうので要注意です。

食べてからすぐ嘔吐した場合、栄養はどうなる?

胃という消化器官では、胃酸によって食べ物を分解するのがメインなので、栄養はほとんど吸収されません(栄養の吸収は小腸などがメインです)

ただ、食事からある程度時間が経ってから嘔吐すると、食べ物が多少は小腸に移動している可能性もあるので、そこで栄養が吸収されているかもしれません。

排便されるまでにかかる時間は?

では、食べたものが消化器官で消化吸収されて、便となって排便されるまでの時間はどれくらいなのかというと、一般的には、

食べたものが排便されるまでは?

1日(24時間)~3日(72時間)ほどです。

なぜこんなに幅があるかというと、腸の長さに個人差があったり、食べた物の消化のされやすさに左右されるからです。

食べたものがすぐに下痢になって出るの?

大腸と小腸 食事をした後に便意を催してトイレに行ったら下痢をしていた・・・・・なんてことありますよね?

そんなときは、食べたものがすぐに下痢便になって出てきているのか、疑問でしたが

下痢として出てきた便は

約1日前に食べた物が便になったものです

食あたり(食中毒)を起こすような「腐ったもの・ウイルスを含んだ食べ物」を食べた直後に腹痛に見まわれトイレに駆け込んで下痢をしても、それは今食べたものが出てきたわけではありません。(上記で説明したように食べ物は24~72時間かけて排便されるからです)

そうした体にとって有害なものを食べたという指令が消化器官に伝達されて、小腸や大腸にある水分を多く含んだ消化途中のもの強制的に排出されるわけですね。これが私たちが下痢と呼ぶものの正体なんです!

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ