八十八夜2016年はいつ?意味は?お茶や茶摘みとの関係性

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 315

2016年の八十八夜はいつなんでしょうか?

夜景と茶畑
この日にはどういう意味があるのかも不明ですよね?歌にあるようにお茶と関係しているのはなんとなく知っているけれど、具体的に説明しろと言われても困ってしまいます(汗)

今年は何月何日に当たるのか、何をする日なのかなど、まとめて調べてみました!

2016年の八十八夜は何月何日?

八十八夜の日付はその年の春にある「立春」から87日後の日と決められています。

2016年の「八十八夜」は?

5月1日(日)です!


昔風の数え方をすると立春の日から数え始めるので「88日後」になりますよね?そこから「八十八」夜という名称になったようです。

八十八夜にはどういう意味がある?何をする日?

八十八夜を迎える5月1日は、あと数日で立夏(5月6日)なので、暦の上では春よりも夏に近いといえます。それにこの頃になるとぐっと暖かくなりますよね?

この頃は農家にとって油断しがちな時期なんです。

この時期は霜が降りることがあったりして、植え付けてまだ小さな苗が低温で傷んでしまうことがあります。(この時期の霜を「遅霜」といいます)

静岡の茶畑
そうした「この時期ならではの農作業の危険性」を喚起するために雑節として暦に載せられたというわけです。

なので主に農家にとって意味のある日なんですね。

※雑節とは春分などの「二十四節気」以外の暦日のことです。二十四節気が生まれた中国にはない日本オリジナルなんです。

また一説では、八十八という字を組み合わせると「米」の字になるところから、コメ農家にとっても意味合いの強い日だそうです。こじつけのような気もしますが^^;

「八十八夜の別れ霜」の 読み方や意味は?

「八十八夜の別れ霜」の読み方は?

スポンサード リンク


はちじゅうはちや の わかれじも

です。

八十八夜の頃に降りる霜のことを指した言葉で、もうこれ以降は霜が降りない最後の霜という意味があります。別名「忘れ霜」とも言います。

このほかに「八十八夜の泣き霜」という言い方もあります。

八十八夜とお茶や茶摘みとの関係性は?

八十八夜というとイメージ的にどうしても「お茶」がすぐ浮かんできます。

夏も近づく八十八夜♪

という歌の印象が強いからでしょうか。この歌はその名も「茶摘み」といいます(歌は知っててもタイトルまでは普通知らないですよね?)



この歌にあるように八十八夜の頃は一番茶の収穫の時期に当たります。

この時期の茶摘みは新芽を手で摘むそうで、この新茶を飲むと一年中、無病息災で過ごせるという縁起物とされています。

※これ以降の茶摘みにはハサミや機械が用いられます。

なぜ「夜」という数え方をするの?

八十八日という数え方ではなく、立春から八十八日目の「夜」という数え方をするのか、不思議ですよね?なぜ夜に限定しているのだろうって。

これには日本の昔の暦の習慣にありました。明治以前の日本は今のような「太陽暦」ではなく「太陰暦」という暦を採用していました。

この太陰暦では太陽ではなく月の満ち欠けで月日をカウントします。

つまり月が昇って沈んで、また次の日の月が昇るまでを1日と数えるので、立春から「何回目の夜」という表現をするわけですね。

お茶畑のある風景

気候がよくなると休日には静岡県へたまにドライブへ行ったりします。すると景色の中に急に目に見えて増えだすのがお茶畑です。

さすが日本一の茶どころだけあって、ちょっとしたスペースがあるとお茶を育てるんですね(^_^;)

日本茶の消費量が減っていると聞きますが、そんな影響は微塵も感じられないほどですよ☆

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ