半夏生とは?2016年はいつ?タコ料理を食べる由来や意味

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 259

2016年の半夏生は何月何日なのでしょうか?

応援するタコ
それにタコ料理を食べる習慣があるけれど、なんの意味があるのか、どんな由来があったのか、かなり不思議ですよね?

そんな半夏生のアレコレを徹底調査してみました♪


2016年の半夏生はいつになるの?

2016年(平成28年)の半夏生は?

7月1日(金曜日)です!

毎年だいたい7月2日になるんですが、今年のように微妙に変動することもあります。

なぜ年によって変動するかというと、この半夏生はその年の「夏至の日」から11日目と決められているからです。(夏至もまた年によって変動するんです)

⇒この夏至が今年は何月何日になるかはこちらの記事をご覧ください!

そもそも半夏生とは?

半夏生とは、そもそもどういう暦日かと言いますと、

半夏(はんげ)というサトイモ科の薬草が生える頃ですよ!

ということを知らせる雑節のひとつなんです。

半夏(が)生(える)

から「半夏生」と呼ばれる訳です。
水田 この半夏という植物が生える頃までに田植えを終わらせないとお米の収穫量が減ってしまうとコメ農家の間では昔から言われていました。

なんでもこの日までに田植えをしないと稲が秋までに十分生育せず、収穫が半分まで減ってしまうそうです。(半夏生が過ぎてから田植えをして収穫が半分になってしまうことを「半夏半作」と言います。)

つまり田植えをするデッドライン(最終期限)という意味合いで作られたのが「半夏生」という暦日なんですね。
※この他に、その名も「半夏生」というドクダミ科の植物の花が咲く季節に当たるからという説もあります。(この植物の葉っぱは一部が白くなるところから「半化粧」とも呼ばれます)

※「雑節」は日本だけの二十四節気に含まれない暦日のことです。



ちなみに半夏生の正しい読み方は?

スポンサード リンク

はんげしょう

です!間違えて読んでしまいそうですよね(^_^;)

タコ料理を食べる意味や由来は?

関西方面では半夏生にタコを食べる風習がありますよね。

正確には夏至から半夏生にかけての期間なので、半夏生の日だけとは限らないそうですが、この時期の関西のスーパーではタコが大々的に売られているといいます。

半夏生までに田植えを終えた農家では、稲の無事な収穫を祈って神様に食べ物を捧げていました。そのひとつが関西ではタコだったようです。

なぜお米の豊作祈願にタコが関係しているのかというと、タコの八本足のように稲がしっかりと田んぼに根付いてくれますように!という願掛けの意味合いがあるからなんですって。

カンタンな「たこ飯」のレシピ動画です


香川ではうどんを食べる習慣があります

かたや香川県では、その年に収穫した新しい小麦でうどんを食べるそうです。

田植えが一段落したのを「お疲れ様」の意味をこめて、農家では自家製のうどんを打って食べていたそうですが、最近では「さぬきうどん協同組合」が大勢の人にうどんを振る舞う行事(イベント)を行ったりしています。

さすが「うどん県」を名乗るだけありますね(笑)

でもなぜうどんである必要があるのかは調べても分かりませんでした(^_^;)

まとめ:ハンゲショウって何?と訊かれたら、こう答えましょう


半夏生は農家が田植えを終える目安の日なんですよと☆

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ