傘の捨て方【注意】地域によって分別方法が違います!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 317

傘の捨て方ってどうやってますか?

梅雨が終わった後、台風が過ぎた後、気付いたら穴が開いていたり、「おちょこ」になった傘が玄関の傘立てに放置したままになったりしていませんか。

傘は基本的に「燃えないごみ」です

parasol

私が住んでいる関東地方のある都市では、傘は「燃やせないゴミ」に分類されていました。

傘は大きく分けて「布地・ビニール」部分と「金属製の骨組み」部分で出来ています。このうち「布地・ビニール」部分は燃えるゴミとして出せるのですが、「金属製の骨組み」部分は燃えないごみ(不燃ごみ)に分類されています。

ビニール傘のようにビニール部分と骨組み部分が力を入れなくても簡単にバラせるならば、ビニール部分を「燃えるゴミ」骨組み部分を「燃えないゴミ」に分別が可能です。

この動画にあるように横浜市ではそうすることを推奨しています。
(この分別はケガをしやすいのでご注意下さい)


分別してスマートに捨てたいですね!

ゴミを有料のごみ袋に入れて捨てなければいけない地域ではどうする?


地方によってはゴミを捨てるには市町村が販売する有料のゴミ袋を購入し、それに入れて回収所に出さないといけない決まりがあったりしますよね。

そのような回収方法が義務付けられていると、傘のような長いゴミは袋に入りきらない場合があります。

そのときは傘自体にその不燃ごみ用の袋を括りつけて回収に出します。傘一本で有料のゴミ袋を1枚使ってしまうのはもったいないですから、捨てる傘を貯めておき複数本をまとめて出すと経済的です。

自分が住んでいる地域の捨て方を知るには?


あなたがお住いの地域で傘がどういう捨て方(分類方法)になっているかを知るには、Googleで「ゴミ 分別 (地域名)」で検索してみて下さい

すると、だいたい1位~3位あたりに、捨てたい物が「燃えるゴミ」か「燃えないゴミ」か、あるいは「資源再生可能なもの」かが一覧表として掲載されている市町村が公開しているサイトがあるはずです。

例 横浜市にお住いならば

「ゴミ 分別 横浜市」で検索

「傘 分別 横浜市」で検索しても地域によってはヒットしないこともありますので、ゴミ全般の分類方法が掲載されているページを探すのがコツです。

こちらの動画にある高知市のように長年不燃ごみとして出していた傘が金属の資源ごみに変更されるケースもあります。



せっかく捨てても回収日を間違えるとゴミ捨て場に回収されないまま放置されることになりかねません。
ぜひ捨てる前に一度検索して確認してはいかがでしょうか。

捨てる前に修理することを考えてみませんか?


今はなんでも使い捨ての時代で傘もちょっと開きが悪くなったり骨が曲がったりしただけで捨ててしまっています。

ビニール傘ならともかく、柄やデザインがすごく気に入ってる傘や高級な傘は捨てないで修理して使ってみませんか?

傘の修理店は全国各地にあります。こうした店の探し方は「傘 修理店 (地域名)」で検索してみて下さい。

ただ、ブランド品で特殊な構造をしているもの(三つ折の折りたたみ傘など)の場合、修理店では直せない場合があります。

こんな場合は購入したお店を通してメーカーに問い合わせをしてみると修理を受け付けてくれることもあります。

直して使っていくうちに思い入れが強まるでしょうし、一本の傘を10年と使い続けるのって素敵なことだと思います。

傘の捨て方まとめ



基本的に「燃えないゴミ」に出す

地域によっては資源ごみの場合もあり

「ゴミ 分別(地域名)」で検索し確認する

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ