五月晴れの意味や由来※いつごろ?何月?読み方が違うって?

スポンサードリンク

快晴の青空 五月晴れの意味や由来はどういうものでしょうか?

テレビの天気予報でよく「明日は気持ちのよい“五月晴れ”になるでしょう」と聞いたりしますが、意外と知らない人が多いはずです。

私もこうして調べるまで正確なことは知りませんでした^^;

ぜひぜひここで雑学を仕入れて帰ってください!

「五月晴れ」の意味や由来はこうです

まず「五月晴れ」の意味から紹介していきましょう。

五月晴れとは?

5月のさわやかな晴れの日のこと
を指します。

ですから「何月のこと?いつごろ?」かと言うと、ずばり5月限定なんですね!

五月晴れの由来は?



旧暦の「5月の梅雨の晴れ間」のことをこう呼んでいたから
なんです。

実はこれが五月晴れの本来の意味だったんです!

旧暦は現在使われている新暦と比べて約1ヶ月遅れですから、旧暦の5月とは現在の6月に当たります。

ですから旧暦が使われていた時代には、五月晴れは梅雨時の雨が続く日のたまの晴れの日のことを指していたわけですね。

ですが、現在は新暦が使われるようになったため、微妙に意味が食い違ってきました。

そんな経緯で今では「現在の暦上の5月の晴れの日」を意味するようになりました。

※気象庁が天気予報で使う用語としてもそう定義されています。

五月晴れの読み方は「ごがつはれ」?

五月晴れはつい「ごがつばれ」って呼んだりしていませんか?

正確には

スポンサード リンク

「さつきばれ」と読みます!

「五月」をなぜ「さつき」と読むかというと、これも旧暦が関係していて、旧暦では五月のことを「さつき」と呼んでいたからなんですよ。

ちなみに「さつき」を漢字で書くと皐月となります。

秋の晴れの日をそう呼ぶと聞いた記憶があるけど?

青空 私はなぜかずっと勘違いしていて、五月晴れを「五月の晴れの日のような、清々しい晴天の日」を指すと思っていました。

つまり五月以外の月の「晴れた日」に使う言葉だと勘違いしていたんです。

こういう勘違いって私だけでしょうか?

「五月晴れ」はどの季節の季語?

五月晴れというと5月なので、ぎりぎりまだ春のような気がします(晩春というか)。

でも俳句における季語においては「夏」のものなんですね。

たとえば、あの正岡子規の俳句に

「うれしさや小草彩もつ五月晴れ」

という一句があります。

道端の草が美しく輝いてみえるような晴れの天気に、心が浮き立つ様子が伝わってきますね。

他にもいろいろある「~晴れ」という言い方

●梅雨晴れ(つゆばれ)
梅雨の間の晴れ間のこと(五月晴れと同義語)
●日本晴(にほんばれ)
・雲のない澄み渡った晴天のこと
・心が晴れてわだかまりがないこと
●一日晴れ(いちにちばれ)
一日だけ儀式の服装などを着てよそおうこと

ちょっと変わったところでは「あっぱれ」があります。これは漢字で書くと「あっ晴れ」とか「天晴」です。

時代劇でお殿様が「あっぱれじゃ」というアレです。驚嘆したり褒め称えるときの言葉ですが、現代では使う人はあんまりいませんね(^_^;)

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ