早生まれ・遅生まれ※能力・性格・学力の違いやメリットは?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 351

スマホを持つ赤ちゃん
早生まれと遅生まれって、やっぱり違うものなんでしょうか?

性格に違いが出たり、能力(学力)に差が生まれたりするって聞いたことがあります。でもそれってホントなのかなぁ?ってずっと疑問でした。

そこで、それぞれのメリットやデメリットを徹底調査してみましたよ!

早生まれと遅生まれって、そもそもどういう意味?

まずは早生まれと遅生まれの意味をもう一度ちゃんとおさらいしてみましょう。意外と勘違いしているかもしれないので。

【早生まれ】とは?

1月1日~4月1日までの約3ヶ月の間に生まれること

【遅生まれ】とは?

4月2日から12月31日の約9ヶ月の間に生まれること

大きく影響するのが学校での「学年分け」

この早生まれと遅生まれが大きく影響するのが学校での「学年」の分け方です。

例えば

2015年4月2日に生まれた赤ちゃん



2016年4月1日に生まれた赤ちゃん

学年的には同じです!



364日間と実質的に1年間の年齢差があるにもかかわらず、同じ学年として同じクラスで勉強や運動をすることになるんですね。

こんな風に学年で言うと4月1日生まれの子と4月2日生まれの子では同じ学年にもかかわらず約1年(12ヶ月)の年齢差が生じてしまうから、みなさんが気にされるわけですね。

能力・学力・性格に違いは生まれてくるか?

●能力について

知能、学力などの能力は学校のスタートでは早生まれも遅生まれも横並びでのスタートになるので、それほど違いは感じられないという声が多いです。(それよりも個々の個性が影響するようです)

●性格について

一般的には早生まれは「おっとりしている・のんびりしている」とか、学力や体力が劣るために劣等感をいだきやすく内気で引っ込み思案になりやすいと言われています。しかし、もともとの個性も影響するため一概には決めつけられません。

遅生まれと早生まれのメリットとデメリット、得するのはどっち?

●早生まれのメリットは?

スポンサード リンク

・生まれてから就学までの期間が短い点
(早生まれの子は3年で、遅生まれの子は4年で幼稚園へ入園するので)

・遅生まれに比べて誕生日が遅いので周りより「若い」期間が少し長い点

●早生まれのデメリットは?

・体の成長が遅れるため、運動では不利になりやすい点
(身長順に並ぶと前の方になることが小さい時ほど多いようです)

・免許を取れる時期や年金を貰う時期が少し遅れる

●遅生まれのメリットは?

・特に4月~5月生まれの子は他の子より時間的に優位に立てるため、「自分はデキる」という自信を持ちやすい

・プロスポーツ選手は遅生まれが多いと言われている。(小さい頃に体格で劣る早生まれに比べてプレーする機会に恵まれやすいからというのが考えられる理由のひとつ)

●遅生まれのデメリットは?

・早生まれに先駆けて誕生日を迎えてしまうこと(私自身、早生まれでまだ1歳下の友人をうらやましく思うことがたびたびあります)

※保育園では満年齢で学年分けすることもあります。
※言うまでもないことですが、発達や成長には個人差があるため一概には決めつけられないことをご了承下さい。

この差は一生ついてまわるもの?

徒競走 早生まれは遅生まれに比べて運動能力にやや遅れが出ることは否めません。この差は年齢が下の子ほど生育の差が出やすいです。

しかし年齢が小さい時ほどデメリットが目立ちますが、年齢が上に行くほど気にならなくなっていくようです。(遅れてスタートしても、あとから必ず追いつけるので)

具体的には体の成長度合いや精神的な発達具合も目立った差が感じられるのは、小学校の中学年程度か、遅くとも中学生くらいまでですから、それほど心配しなくてもよいでしょう。

なぜ4月1日と2日で区切られているのか不思議だった

早生まれと遅生まれがなぜ4月1日と2日で区切られているのか、不思議じゃありませんか?切りがよく3月31日と4月1日で区切れば良いのにって普通は思いますよね。

これって調べたらなんと

年齢は誕生日の前日の午後12時に加算されるから

という法律があるからなんだそうです。

つまり4月1日生まれは3月31日にすでに1歳加算されていて、4月2日生まれは4月1日に1歳加算されているからなんですね。

そんなわけでちょっとややこしい区切りになってるという調査結果でした。以上です。

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ