さびしい・さみしいの違い※どっちを使うか迷った時の選び方

スポンサーリンク

 

部屋で座り込む男性
「さびしい」と「さみしい」に違いはあるのでしょうか?

私も時と場合によって、さびしいと言ったり、さみしいと言ったりして無意識に使い分けています。こうして文章を書くときも両方を使ったりしますよね。

でもよく考えたら、どっちが正しい言い方なのか分かりません・・・・・・。なので、あらためて詳しく調べてみましたよ。

「さびしい」と「さみしい」の違いは?

結論からいいますと、語源は一緒で

「さみしい」は「さびしい」が変化した言い方(読み方)なんです!

なので意味的な違いはなく、ほとんどの場面ではどちらも使っても間違いではありません。

どっちが正しいとされる言い方なのか?と突き詰めれば

⇒古くからある「さびしい」が標準的な言い方

だと言えます。

※NHKなどの放送用語にしても「さびしい」を標準語形としています。

「さびしい」から「さみしい」が生まれた流れ

「さびしい」から「さみしい」が生まれたのにはこんな経緯がありました。
1. 万葉集の時代に使われていた「さぶし」が
2. 平安時代に「さびし」に変化
3. 江戸時代になって「さみし」も使われるようになった
4. 現代まで「さびし(い)」と「さみし(い)」の両方が残った



と、このように、長い年月のなかで「さびしい」の原型である「さぶし」から「さびし」に変化し、そこに新たな言い方である「さみし」が加わったわけです。

それがこうして平成の現代に生きる私たちまで受け継がれて来たんですね!う~ん、歴史発見ってかんじです(笑)

微妙な使い分けは確かにあります

このようにもともとは同じ意味を持つ言葉ですが、使う場面によっては「こちらがより適切」ということもあります。

A. 心情的・物質的に欠落感をおぼえるとき
(例:ひとりのさびしいクリスマス、さびしい夕食の献立)

B. 誰もいないような状況的にひっそりとした場所や場面
(例:シャッターのしまったさびしい商店街、人のいないさびしい寒村)

Aの場合は「さみしい」と「さびしい」の両方が使われますが、Bの場面では「さびしい」のほうが適切と言えます。

このような使い分けがあります。

漢字の「淋しい」と「寂しい」の違いは?

さみしい・さみしいを漢字で書くと「淋しい」と「寂しい」のふたつが変換候補に出ますよね。

文章の流れからどっちを使ったら正しいのだろう?と手が止まる時がありますが、そんなときはひとつの判断基準として、こういう使い分けをすると良いようです。
「淋しい」・・・人(心)の様子を表すとき
「寂しい」・・・ひとけがなく静かな状況を表すとき
※どちらが正しくて、どちらが間違っているという決まりはありません。

そういえば、悲しい心情を歌った歌詞はだいたい「淋しい」の漢字を使うことが多いですね。

曲名で「淋しい」を含むタイトルを検索すると「こんな淋しい夜は」・「俺は淋しいんだ」・「淋しい熱帯魚」などたくさんありますが、「寂しい」では「悲しいんじゃなくて寂しいだけさ」など数曲しかありません(^_^;)

小腹が減った⇒口寂しい

夕飯はとっくに済んで、あと少しで寝る時間という夜に、ふと何か食べたくなったりしませんか?

こんなときにぴったりなのが「口寂しい(くちさびしい)」です。

なんとも言い得て妙というか、うまい表現ですね。「小腹が減った」というより、何倍も上品な言い方で、美しい日本語だなぁと思います♪

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ