逆上がりの教え方のコツ:タオル無しで5分で完璧※動画付き

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 349

鉄棒を握る手
逆上がりの教え方にはコツがあるんですよ!

大人になった今は逆上がりなんてカンタンにできてしまいますが、まだ出来ない幼児にとっては「どうやったらいいのか・・・・」と途方にくれるものです。

大人側からすると、やり方は分かっていても、言葉にして教えるのはすごく難しかったりします・・・・(汗)

そこでココさえ教えれば、あっさり習得できてしまうというポイントをまとめてみました。動画もあるので分かりやすいですよ!

逆上がりの教え方のコツはポイントを絞ること!

逆上がりを教えるときに大事なポイントは3つです。この3つさえ守れば、すぐにマスターできますよ。(子供・幼児に一度にたくさん詰め込んでもダメなのでポイントを絞ります)

逆上がりを教える時に大切な3つのコツとポイント

●ポイント1
鉄棒は順手で握り、握る幅は腰幅くらいにする
※順手とは手の甲を上にする握り方

●ポイント2
肘を曲げて、おへそが鉄棒にくっつきそうな位置に立つ

●ポイント3
足で地面を蹴ったら膝を曲げて回る

⇒このコツを上手くまとめた動画がありましたのでご覧ください!

重要なのは、鉄棒に体をなるべく近づけて(肘を曲げて)クルッとコンパクトに回転することです。回転する途中で止まっても曲げた膝に鉄棒がひっかかるので、あとは足を伸ばしてゆっくりと半回転すればいいだけです。

一回でクルッと回転できなくても逆上がりは成功したと見なされるので大丈夫ですよ♪

体操競技のスペシャリスト池谷幸雄先生の教え方は?

某テレビ番組でオリンピックメダリストの池谷幸雄さんが子供向けに逆上がりの習得法をレッスンしていました。その内容をかいつまんで説明しますね。

鉄棒に対する姿勢の取り方

1. 左足を前、右足を後ろにおく(逆でも良い)
2. 体は鉄棒の近くに
3. 鉄棒は腰幅に開いた順手で握る
4. 手首は鉄棒に対して下に回した状態にする

鉄棒の回り方

スポンサード リンク

1. 腕を伸ばさないで鉄棒にひきつけて回る
2. 足は後ろ足、前足の順に蹴る
3. 蹴る方向は自分の頭の後ろの方向へ

※YouTubeで「逆上がり 池谷幸雄」で検索すると動画があります。

タオルを使う練習法は有効か?

タオルを補助器具として使うと、腕が伸びて体から鉄棒が離れてしまうのを防いでくれるため、それまで出来なかった子が急に成功するようになります。

⇒タオルを使う練習法の動画がこちら

しかし、こうしてタオルがあると出来るのに、タオル無しでやると途端にできなくなるということが多いです。

こういうときは最低限必要な腕の筋力が足りていない可能性が高いので、下記のトレーニング法をお試し下さい。

逆上がりを成功せるために必要な筋力をつけるには?

逆上がりができない原因で目立つのが、鉄棒を握る腕がダラーンと伸びてしまうことです。これは腕の筋力がないために起こります。

逆上がりが出来る子と出来ない子の違い

出来る子・・・腕に力を入れてしっかり曲げている
出来ない子・・・腕に力が入らず伸びてしまっている

ですから準備として、鉄棒に体を引きつけるくらいの筋力をつける必要があります。

子供が腕の筋力をつける方法

●斜め懸垂
鉄棒を握り、体を斜めに倒した状態でやる懸垂。足は地面につけたままなので筋力が無いお子さんでも出来ます。この動作は逆上がりの正しい姿勢のイメージトレーニングにもなります。

●持久懸垂
鉄棒を握り、あごが鉄棒の上に来る状態で足を地面からあげ、そのまま10秒間キープします。

こういった腕の筋トレを繰り返して、筋力をつけてからだとスムーズに出来るようになりますよ。

何歳のころデキるようになったか覚えていますか?

自分自身、小さい頃のことを振り返っても何歳で逆上がりがデキるようになったのか全く覚えていません。気がついたらデキるようになっていた感じです。

小学校1~2年のころ、学校の校庭で練習した記憶はありますが。

でも考えたら大人になると逆上がりってやりませんよね。日常生活で必要になる場面も100%ないし・・・・(^_^;)

なぜこんなに「できて当たり前」みたいな必須の運動とされているんでしょう?日本だけなのか、それとも外国でもそうなのか疑問です。

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ