公園でゴルフの練習(素振り)は禁止?河川敷・砂浜はOK?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 311

素振りをする男性
公園でゴルフの練習は禁止なのでしょうか?

素振りくらいならOKなんじゃないかと、近所の小さな公園でやっていたら、知らない人に注意されてしまいました。

公園入口に立てられた注意書きには「ゴルフ練習は禁止」とは書かれていなかったのですが・・・・・

そこで世間で常識とされる「練習してはダメな場所・大丈夫な場所」を調べてみました!

公園でのゴルフ練習は可能か不可能か?

公園でゴルフの素振り、ついやってみたくなりますよね。

ですが、結論から言いまして

公園でのゴルフ練習は全面的に禁止です!

これは日本全国どこの公園でもそうなっています。

狭い児童公園なら分かるのですが、あの大きな代々木公園にも入口に「ゴルフ禁止」の注意がされていますので公園の規模は関係ないようです。

しかもゴルフどころか最近では「ボール遊び禁止」という、厳しい禁止事項が掲げられている公園まであります。

こういったところでは子供でさえ野球・サッカーなどの球技が出来ないため、ブランコに座って携帯ゲームで遊んでいる姿が見られます。ここまでくるとさすがにやり過ぎではないかと思いませんか?

河川敷や砂浜での練習はやってもOK?

テレビのニュースで河川敷でゴルフ練習をする無法者のゴルファーをご覧になったことがあるでしょうか?

なんと悪質なことに素振りではなくボールを打つ練習をしているんです。これは問答無用で危険な行為ですから絶対に許されることではありません。

では素振りだけならOKかというと、これも危険なので控えましょう。同様に海の砂浜での素振り練習も顰蹙をかいますよ。
●河川敷・・・素振りもダメ
●砂浜・・・素振りもダメ


基本的にこうした誰でも自由に立ち入れる公共の場所では、素振りの練習すら世間一般の人からすると認められる行為ではありません。

ゴルフの素振りが死亡事故になったことがありました

過去にはこんな痛ましい事故がありました。

自宅前の市道で会社員の男性がゴルフの素振り練習をしていたところ、たまたま通りかかった主婦の腹部にゴルフのクラブがぶつかり死亡したという事故です。

素振りを続けていると後方への注意がおろそかになるので、誰にでも起こりうることですね。

たかが素振り、たかがゴルフクラブといえど、小さなケガでは済まないほどの凶器になりうるということがよく分かります。

誰も通らないし、ちょっと家の前で素振りをしよう、なんていう軽い気持ちがこんな事態を生むことにつながりますので注意しなくてはなりませんね。

※砂浜や河川敷も誰もいない早朝でも同様の危険性があります。

素振り練習しても文句を言われない場所は?

公園も路上でもダメとなると、ゴルフの練習をするとなったら「打ちっぱなし」に行くしかないと思いますが、

自宅の庭

に十分な広さがあれば、そこを自分だけの練習場にしてはいかがでしょうか?だいたい4m×4mのスペースがあればスイングが可能です。

⇒これを地面に敷けば簡易練習場の出来上がりです!


※こういった練習用マットを使わずにやると小石を跳ね上げてしまうので危険ですよ!

自宅の室内だってパターの練習ならできます

自宅には広い庭がない、マンション住まいだから無理、という方は室内でパター練習がおすすめです。

アメリカのゴルフの格言には

ドライバー・イズ・ショー、パット・イズ・マネー

という言葉があるように、パットこそがゴルフの勝敗を分ける重要な部分なんですね。

⇒室内でのパター練習用のマットです


地味な練習ですが、パターの上達がスコアに直結しますよ♪

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ