縄跳びの教え方のコツ※幼児・小学生が30分で習得:動画付

スポンサードリンク

子供用縄跳び
縄跳びの教え方にはコツがあるんですよ!

大人にはカンタンでも子供(幼児)にとっては、難しいもので、言葉にして跳び方を教えるのって誰でも苦労するものですよね?

実践してみせても、真似するのは無理で、足をつっかけて縄がぐしゃぐしゃになったり・・・・・(汗)

でも安心して下さい!30分もあれば子供が縄跳びを飛べるようになるウラ技があるんです。

30分で縄跳びが飛べない子供(幼児)が飛べるようになるウラ技

このすごいウラ技は以前に日本テレビ系で放送されていた「伊東家の食卓」で紹介されたものです。

私の友人(5歳の娘がいるパパ)もこのウラ技を使って子供に縄跳びを教えることに成功していましたから効果は間違いありません!

用意するのは縄跳びの他に「新聞紙」です。

ん?新聞紙がなぜ必要?と思うでしょうが、まあここは素直に従ってくださいね。

【準備】新聞紙で縄跳びを巻く!

まずはその新聞紙で縄跳びの持ち手から縄の途中までをぐるっと新聞紙で巻いていきます。

新聞紙の巻き方

1. 見開きの新聞紙を12枚分、用意する
2. 見開きから半分に折った状態の新聞紙6枚を床に広げる
3. 新聞紙の縦の上端のところに縄跳びの持ち手を置く
4. 縄跳びの持ち手から縄までを新聞で巻いていく
5. 新聞がずれないよう輪ゴムで3ヶ所くらい固定する
6. 縄跳びのもう片方の持ち手の所も同じように巻いて固定する



これで新聞紙に巻かれていないのはロープの中央部分だけになっていますね?縄跳びを回転させたときに地面にピシっとぶつかる部分だけ、になります(ご確認を)

文字にすると縄跳びの形は、「コ」の字になっていますよね?

【実践】「新聞紙巻きの縄跳び」で飛ぶ練習をしよう!

準備ができたら「新聞紙巻きの縄跳び」で飛ぶ練習をします。縄跳びが飛べない原因は縄がよれて飛び越えるタイミングが掴めないことにあるのですが、この縄ならよれる部分がほとんどないため飛びやすくなってるはずです。

■新聞紙巻きの縄跳びでの練習ステップ

ステップ1. 新聞紙を巻いた縄跳びで飛ぶ練習をする

この縄で練習をすると個人差はありますが5~10分くらいあれば飛べるようになります。飛べるようになったら、次のステップに移ります。

ステップ2. 縄跳びに巻く新聞紙の幅を半分に減らして練習する

次のステップでは先ほど巻いていた新聞を半分の長さに減らします。すると新聞に巻かれていない縄の部分が増えて飛ぶのが難しくなりますが、次第に慣れて飛べるようになります。

ステップ3. 新聞紙をすべてほどいて飛ぶ練習をする

スポンサード リンク

新聞紙の幅を半分にした縄跳びで飛べるようになったら最後のステップです。すべての新聞紙をほどいて普通の状態のロープに戻して飛ぶ練習をします。

以上、ここまで友人の話では30分くらいで済んだそうです。まったく飛べなかった状態からたった30分で飛べるようになるなんて正にウラ技ですね。教え方にコツみたいのは要らず、必要なのは新聞紙だけです(笑)

※YouTubeで「縄跳び 新聞」と検索すると動画が見つかるので詳しくやり方はそちらをご覧ください。

二重跳びの教え方のコツは?

普通に飛べるようになったら次は二重跳びですね。これは大人でも苦手だという人も多いでしょうから教えるのは更に難易度が高いですね(私も実は連続で2回しか出来ません・・・・)

まず用意する縄の種類は
●足で縄の中心を踏んで柄(グリップ)が腰に来る長さ
●柄(グリップ)が長めで、ある程度重さのある縄(身長+60cmが適当)

がちょうど良いです。少し重くて短めのほうが高速でまわせますので。

※こういった二重跳びに向いた縄がホームセンター等で売ってるそうです。
楽天市場でも購入可能ですね。

指摘するポイント

●背筋は曲げずに伸ばす(くの字にならない)
●手首だけで縄を回すようにイメージする
●縄は腰の高さで回す
●高くジャンプするようにする

残念ながら二重跳びにはカンタンに習得できる裏ワザはありません(汗)地道に時間をかけて練習していくしかなさそうです。

その際はこちらのシリーズ物の動画が参考になりますよ!


ダイエットのために買った縄跳びが・・・・・・

数年前、体重を減らすダイエット目的で縄跳びをしようとスポーツ用品店でわりとしっかりしたタイプの高めの縄跳びを購入しました。

最初の頃はマンションの共有部分で迷惑にならない時間にこっそり飛んでいたのですが、どこかから苦情が入り、いまでは物置でホコリをかぶっています(泣)

2回しか出来ない二重跳びも練習したかったのですが・・・・・・・やはりスポーツジムみたいな施設に入会してやるしかなさそうです。

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ