自転車の違反※傘、イヤホンは片耳でもOUT?罰金いくら?

スポンサーリンク

 

自転車とまれのマーク

自転車の違反が2015年(平成27年)6月1日より厳しくとられるようになりました。

傘を差したり、イヤホンをつけたままの運転など、違反になるのか微妙な行為が見つかると罰金を取られるほど厳しく規則が変わったのでしょうか?

いつ警察に声をかけられるのかとビクビクしている人が多いと思うので、ここでしっかり違反対象になる行為をチェックしてください。

傘を差しながらの運転はOUT?

傘を差しながら自転車を運転するのは以前から禁止です。

これは傘を差すと必然的に「片手運転」になるので、安全運転に支障をきたすとして禁止されているわけです。

ですが、このような自転車に傘を固定する器具を使うのは

合法とされています。雨合羽は着たくないという人に向いている商品です。

※傘の横幅は60センチ以内のものしか使えません。また骨の先が露出していて歩行者に危害を及ぼす恐れがある傘は使えません。

イヤホンは片耳だけでもOUT?

両耳イヤホンで自転車走行する生徒 イヤホンまたはヘッドホンを両耳に装着して走行することは以前から禁止事項でした。

しかし、片耳イヤホンについては各都道府県が個別に定める「道路交通法施行細則」に違いがありますので

都道府県によって禁止かどうかはマチマチです!

例:東京都では片耳でも注意される恐れ、神奈川県では片耳ならOK…….など

なので、お住まいの都道府県の道路交通法施行細則を検索してお調べください。

禁止かどうかの調べ方



【都道府県名】+【道路交通法施行細則】で検索!

ただ、これだけ罰則が厳しくなっていますので、警官に注意されるのを避けたいのなら片耳でもしないほうがいいでしょう。安全のためにも。

違反したら罰金はいくら取られる?

自転車の走行違反でも自動車のように罰金が課されるようになりました。

しかし、一回違反行為をしたからといって即罰金を払うことにはなりません。

罰金を払うことになるケースは?

●「自転車運転者講習の対象になる違反行為」(以下参照)を
3年以内に2回以上繰り返す


「自転車運転者講習」を受けるように命令が来る
(講習時間3時間:講習手数料5700円)
この講習を受ければ罰金は無し


●この受講命令に従わず無視した場合
5万円以下の罰金

と、このように違反行為を繰り返した違反者は講習を受けるよう命令が来ますが、それに素直に従えば罰金は課せられません。

違反を繰り返し、なおかつ講習を受けない違反者のみが罰金を払わせれることになるんですね。

※対象者は自転車を運転する14歳以上のすべての人です。

「自転車運転者講習の対象になる違反行為」はこの14項目

自転車の交通標識

自転車を運転する人の違反行為を取り締まるために「自転車運転者講習制度」が平成27年6月1日より始まりました。

以下の14項目がその違反行為になります。

自転車運転者講習の対象になる違反行為

●信号無視

●道路標識で自転車の通行が禁止されている道路を走る

●自転車も通行できる「歩行者用道路」を徐行せず歩行者の危険になるような走行をする

●車道の右側通行と車道の右側にある路側帯の通行

●路側帯の走行時における歩行者への通行妨害

●遮断機が下りた踏切への立ち入り行為

●交差点を右折する際の、左折か直進する車両への進行妨害

●環状交差点内での車両への進行妨害やスピードの出し過ぎ

●一時停止の標識がある場所で一時停止をしない

●歩道で歩行者の通行を妨害することや「車道寄りを徐行ルール」を守らない

●ブレーキのない自転車やブレーキ性能が不良の自転車を運転する

●飲酒運転

●安全運転義務違反
⇒他人に危害を及ぼすような危険運転全般が含まれる(傘さし運転・イヤホン装着運転・スマートフォンや携帯電話を操作しながらの運転もここに含まれると思われる)

これらの違反行為を3年間で2回以上繰り返すと「自転車運転者講習」を受けるよう命令がきます。

※路側帯とは?

歩道が設けられていない道路の端に白い線で示された領域のこと。自転車で通行する場合は進行方向に向かって左側に設けられた路側帯を通行しなければならない。

2015年6月1日以前より違反行為とされていたこと

以下の自転車運転時のルールは2015年(平成27年)6月1日以前よりあったものです。これは基本的な遵守ルールですから、頭に入れておきましょう。
・歩道と車道が分かれている道は「車道」を走る
・歩道を走るときは「車道寄り」「徐行」する
・車道を走るときは道路の左端を走る
・飲酒運転
・二人乗り
・並走(横に二台以上並んで走ること)
・夜間のライト点灯
・子供のヘルメット着用
・交差点での一時停止&安全確認

歩道のわきで待機する警察官を見ました

自転車走行に対する道路交通法が改正された2015年6月1日のこと。

いつも通る道路の歩道のわきで警察官2名がじっとあたりをうかがっていました。

自転車の違反者を見張るために立っていたとは言い切れませんが、ハンドルを握る手がちょっと緊張しました(特に違反行為はしていませんでしたが)

これからは自動車ではなく自転車に乗っていても一時停止など厳守しないといけないので、のほほんと脳天気なサイクリングはできなくなりますね(^_^;)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ