スイカ割り棒の作り方※長さや100均で買える代用品とは?

スポンサードリンク

割れたスイカと木製の棒

スイカ割りをしたいけど「棒」はどうしよう?

どれくらいの長さの棒で作れるのかな?100均やホームセンターで代用品は買えないかな?

いざやるとすると用意に困りますよね(汗)

去年、会社の同僚が集まって九十九里浜でワイワイとスイカ割りしたときの経験をもとに、棒の作り方や代用品、やるときに気を付けるポイントをまとめてみました!

スイカ割り棒のとってもカンタンな作り方

スイカ割りの棒ですが、実はこれってちゃんと公式ルールで太さや長さが決められているんです。やるからにはそれに合わせたほうがいいですよ。

スイカ割り棒の公式サイズは?

太さは【5cm】以内、長さは【1m20cm】以内

つまりこのサイズの棒を用意すればいいんです。このサイズにピッタリのものを用意するにはホームセンターで売っている角材が最適ですね。
長い角材

スイカ割り棒を作るには?

1. ホームセンターの木材売り場へ行く

2. 太さが5cm以内で、長さが1m20cm以上ある角材を見つける

3. 1m20cmの長さに切ってもらう
(ホームセンターでは料金を払うと指定したサイズに切ってもらえます)

4. 棒の持ち手の部分にガムテープを貼る
(刺が刺さったりするのを防止するため)

100均や東急ハンズなどで買える代用品はなに?

いやいや、作るのは面倒で・・・・・・という方は100均(ダイソー等)や東急ハンズなどのクラフトショップへ行ってこんなもので代用してはいかがでしょうか?

スイカ割りの棒の代用品がコレ

  • バット
  • 伸縮性の物干し竿
  • 園芸用の支柱(一本では細いので何本か束ねる)



軟式練習用の木製バット!カイザー 木製バット 85cmカワセ/カイザー 木製バット 85cm KW-...

軟式練習用の木製バット!カイザー 木製バット 85cmカワセ/カイザー 木製バット 85cm KW-…
価格:2,279円(税込、送料別)

スポンサード リンク

やっぱりバットが一番のおすすめですね。それも金属バットではなく木製が良いです。85cmくらいしかなくちょっと短いですが、あとで使えますしムダになりません。

スイカ割りに必要な持ち物リストがこれ

スイカ割りをするのに必要な物はスイカと棒だけじゃないんです。これも意外と忘れてしまって、あとで「しまった!」と気づくものなのでちゃんと出かける前にチェックしてくださいね。

スイカ割り持ち物リスト

  • スイカ(大玉が良い)
  • 目隠し(アイマスクやタオルなど)
  • レジャーシート、または段ボール
  • 携帯シャワーポンプ
レジャーシート(または段ボール)はスイカを地面に置くときに敷きます。これがないと割れたスイカが砂まみれになってしまい、あとで食べるのに支障をきたしますので。

段ボール上に置いたスイカ

それと携帯シャワーポンプは必須の持ち物というわけではありませんが、汚れたスイカを洗ったり手を洗ったりする時にあると絶対に便利ですよ。

⇒これが携帯シャワーポンプです

気分だけでも味わいたいときは

スイカ割りをしたいけど、室内で周りを汚さずにやりたいという時はこんなもので代用してはいかがでしょうか?

用意するもの

  • スイカ代わりの紙風船(100均で購入可)
  • 棒の代わりの丸めた新聞紙

お年寄りや小さな子供さんが安全にスイカ割り気分を味わうのにピッタリだと思いますよ(^^)

パカっとキレイに割るためには「隠し包丁」を忘れずに

会社の同僚が集まってのスイカ割り大会をしたときに、ある人が「隠し包丁」を入れることを提案したんです。

隠し包丁というのはスイカにあらかじめ包丁で切れ目を入れておくことで、そうすることで棒で叩いた時につぶれずにパカっとキレイに割れやすくなるんですね

なるほど!と一同感心して実際にそうしたところ、何打目かに棒がヒットしたとき見事ぱっかりと割れて、その後、美味しく頂くことが出来ました(笑)

これ、ぜひ実践してみてください!

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ