車酔いの対策法※大人・子供・犬猫が酔わない11の裏ワザ!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 346

車に乗る女性

車酔をしないための対策法はないかなぁ?とお探しですか?

子供さんは特に乗り物には弱いですよね。それと何かと車に乗せることが多いペット(犬・猫)も酔って吐いたりするのは珍しくありません。

そんな車酔いを防ぐための裏ワザをご紹介しますよ!

車酔いは車内で○○○をかけて対策しよう

車内に漂う嘔吐物の臭い・・・・・。

せっかくの楽しいドライブが車酔いで台無しになってしまうのは残念です。でもご安心を。ドライブに出かける時にあるアイテムをひとつ持参するだけで車酔い対策が出来てしまうんです。

黒いサングラス それが【サングラス】です!

使い方はいたってカンタン!

車に乗ったらサングラスをかける

たったそれだけで車酔いをしなくなりますよ♪

どうしてサングラスをかけると酔わないの?

車酔いをする原因は視覚から入る情報と三半規管が感じる体の平衡感覚にズレが生じることで起こります。(3Dグラフィックのテレビゲームで遊んでも酔ってしまうのは同じ原理です。)
サングラスをかけると視界が悪くなる(視覚から入る情報が制限される)ため、そのズレが起こりにくくなり、車酔いをしにくくなるという仕組みです。



さすがにペットには無理ですが、お子さんから大人まで手軽に出来る対策法です(^^)

子供が遠足に行くバスで酔ってしまうという悩みには

遠足に行った小学校時代を思い出すと、必ずクラスのひとりの子がバスに酔って車内で盛大にゲロを吐いていましたね(^_^;)

今なら気の毒に思うのですが、遠慮のない子供時代って、それが原因となってイジメの対象になったりします。残酷なものです。

ですから車酔いする子供さんにとっては遠足は憂鬱なものに違いありません。

かといってサングラスをしてバスに乗るのは周りの理解がないと無理です・・・・・

そこで替わりにおすすめしたいのが「車酔い止め用リストバンド」です。



これを巻くと手首にある「内関」と呼ばれるツボを押してくれるので酔い止め効果があるというメカニズムです。

リストバンドなので長袖の内側にすれば隠せますし、先生に事情を話せば着用する理解も得られやすいと思います。英国製だそうでアマゾンでのユーザーレビューも高評価ですよ。

車に乗る前に食べておくと予防になる食べ物は?

昔から車酔いを予防するために食べておくと良い食べ物があります。絶対に効くというわけにはいきませんので、他の対策法と合わせて実行されてはいかがでしょうか?

    車酔いを予防する食物

    スポンサード リンク

  • 梅干し(カリカリ梅が携帯に便利)
  • ガム(ミント系が良い)
定番なのがこの2つですね。食べ物以外ではリラックス効果のあるミントなどのアロマオイルをハンカチに垂らして、その香りを乗車中ずっと嗅ぐのも効果的とされていますよ。

ペットの犬や猫の車酔い対策には○○が良い!

車窓から顔を出す犬

旅行やドッグランへ連れていったり、普段の動物病院への通院などでペットの犬猫を車に乗せる機会って意外と多いものです。

しかし、弱い子だと10分乗っただけで吐いてしまうことも・・・・・。

これは近距離を何度も乗せて慣れさせるしかないという意見も多く、実際、子犬(子猫)から成犬(成猫)になるに連れて酔わなくなっていきます。

しかし、今すぐ対策できる酔いにくくする方法がありますので、ぜひお試し下さい。

犬を車酔いさせにくくする方法

●助手席で進行方向に向けて抱っこして乗せる
●窓は開けておく(窓から顔を少し出させてあげると良い)
●車内の温度は人が寒いと感じるくらいに保つ
●食事は車に乗る2時間前までに済ませておく

猫を車酔いさせにくくする方法

●ゲージやキャリーに入れる
●ゲージやキャリーの上に布をかけて外が見えないようにする
●普段使っている毛布等を入れてあげる
●食事は車に乗る2時間前までに済ませておく

これらの方法でもダメな場合は動物病院で酔い止めを処方してもらう手もありますよ。

本を読むと酔ってしまう体質

私は普通に自動車に乗る分にはまったく酔わないのですが、行き先の分からない場所へ地図を見ながら乗ると確実に酔ってきます(^_^;)

乗車中は窓の外の景色を見る

というのは酔いを防ぐ基本的なことですが、その真逆のことをするのですから、酔うのは無理もないことかもしれませんね。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ