立秋2016年はいつ?その意味とは?英語ではなんて書く?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 417

秋空とコスモス
立秋は、今年(2016年)の「いつ」にあって、どんな意味があるの?って訊かれて、すぐ答えられます?

私は自慢じゃないですが、無理ですね・・・・・・(汗)

「暦の上では秋になる日、じゃないかな?」っていう、すごく曖昧な説明しか出来そうにありません。

そこで、今年の立秋の正確な日付や、その日が意味するところ、英語での表現方法なども合わせて調べてみました!

2016年(平成28年)の立秋はいつ?8月の何日になる?

立秋という字には「秋」が入っているので、うっかりすると9月とか10月に来るのかと思いきや、そうではないんです。

今年2016年(平成28年)の立秋は?

8月7日(日曜日)になります!

今年は8月7日になりますが、年によっては8月8日になることもあります。

※ちなみに8月8日はチャンネル数にちなんでフジテレビの日でもあります。どうでもいいですが(笑)

意味を簡潔にわかりやすく説明して!!

立秋をざっくり説明すると

●暦の上で「秋の始まる日」とされる

「秋立つ」とも呼ばれる

●二十四節気の第13節で、太陽黄経が135度のとき

●立秋当日から処暑の前日までが「立秋の期間」になる

●暦上は立秋の日が暑さの頂点とされる

●この日から「立冬の前日」までが暦上の秋になる

●立秋の翌日以降から秋分までの暑さは「残暑」に分類される

●この日を境に「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に切り替わる

●俳句では秋の季語になる
などなど、細かく見ていくと色々とあるんですね。

でも子供など他人から意味を訊かれたときは

⇒「立秋の日から暦の上では秋が始まるんだよ」

と説明すれば、とりあえず間違いがなく過不足もないでしょう。

でも外はまだ太陽がカンカン照りで気温は35度オーバーの日が続いているのに、秋になったと言われてもおかしいと思うのは当然の反応です。

そのわけは下の項目で。

こんな夏真っ盛りなのになぜ「秋」が来たことになるの?

パンダの顔 あっつ~~~い日が続いている時期に「立秋」が来たといってもピンとこないですよね?こんな暑いのにどうして秋が来たなんて言えるのかと。

実は、この立秋というのは二十四節気(にじゅうしせっき)という中国で考案された季節の分類法なんです。

つまり中国の気候に合わせて作られたので日本の気候とは食い違いが生じているわけですね(以前には日本に合った日本独自の二十四節気を作ろうという動きもあったそうですが、反対意見が多く中止されたそうです)

というわけなので、あくまで「暦の上では」というエクスキューズを付けて紹介するのが正しいわけなんですね。

立秋は英語でなんて書くの?

日本に来ている英語が母語の外国人に「立秋」を説明するとしたら、なんて言えばいいのか困りますよね?

それもそのはず英語には
立秋に対応する単語がないからです。

試しに和英辞書で「立秋」の項目を調べてみると

スポンサード リンク

りっしゅう【立秋】
the beginning of autumn;
the first day of autumn
[((米)) fall] according to the lunar calendar

出典:goo辞書

と、このような例文(表現)が紹介されています。

「オータム(秋)のビギニング(始まり)」、「秋のファーストデイ(最初の一日)」などストレートな表現になってしまうのは仕方ありませんね(^_^;)

※そろそろ蚊取り線香やベープが切れる頃じゃないですか?私が今年から使い始めた「おすだけノーマット」は良いですよ♪スプレーするだけで蚊がいなくなります。

夕方にシュッとすれば朝まで持ちます☆

「立秋の候」の読み方は?

この頃に頂く手紙の挨拶文には

拝啓 立秋の候、皆様お変りなく・・・・・

などと丁寧に綴られていますが、この「~~の候」の読み方はというと

(りっしゅう)のこう

「候」は「こう」と読みます。

この候は「季節」や「時節」を表す言葉なので、立秋の候を今風に訳すと

立秋の季節・立秋の頃

という風になります。

ユニコーンの曲名にありましたね・・・・・

さて、お腹がいっぱいになるくらいの知識を一度に頭に詰め込んだので、頭が疲れました・・・・(^_^;)

音楽でも聴きながらコーヒーブレイクしたいところですが、そんなときは「立秋」という曲はいかがでしょうか?

この曲は奥田民生がメンバーだったことで知られるユニコーンのアルバムに入っている一曲です。(作詞作曲は阿部義晴)

しみじみと澄んで涼しげで物悲しい曲です。

まだ残暑のうっとうしい8月の熱帯夜にもピッタリかもしれません(^^)

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ