コミットするの意味とは?コミットメントとの違いを3分解説

スポンサードリンク

講義するビジネスマン

コミットってどういう意味か、ちゃんと分かっていますか?

最近、あちこちで聞く言葉です。ライザップのCMの「結果にコミットする」というフレーズを目にしてから気になっている人も多いのでは?

カタカナ英語をやたら会話に入れてくる人の定番ワードにもなって久しいですよね?

そんなコミット、あるいはコミットメントの意味をきっちりここらで理解しておきましょう!

コミットという英語の意味とは?

まず肝心なこの英語の本来の意味を正確に知るために辞書を引いてみました。

その内容がこちら!

コミットを辞書で調べてみると?




コミット【commit】

[名](スル)かかわり合うこと。関係すること。「多くの知識人が運動に―した」

出典:goo辞書




つまり「○○とコミットする」

⇒○○と関わり合う
⇒○○と関係を持つ


という意味になるんです。

※このコミットという単語は動詞にあたります。

似たような言葉「コミットメント」はどんな意味がある?

指切り

コミットとよく似た言葉に「コミットメント」があって、こちらも時々使われているのを目にします。

このコミットメントはコミット(動詞)の「名詞形」に当たります。

こちらも辞書で正確な意味をチェックしておきましょう。

コミットメントを辞書で調べてみると?




コミットメント【commitment】

1 約束。誓約。公約。確約。「近隣諸国との―を守る」

2 かかわり。かかわりあい。関与。介入。「政治への―の意思を明確にする」

出典:goo辞書




この言葉は金融・政治・法律などの現場で、

重大な契約をしたり、声明を発表する際

スポンサード リンク


に使われることが多いです。

なので普段使うプロミス(約束)よりもずっと責任が重く、軽々しく使う言葉ではありません。

※名詞なので「コミットメントする」という使い方は間違った使い方になります。

ビジネスの場で使われるコミットを鼻で笑おう

注意する上司

あなたの会社にも覚えたてのカタカナ英語をいっぱい会話に織り交ぜて、得意気に語る上司や同僚がひとりやふたりはいませんか?

【プロジェクトにコミットしたい】

なんて、あえて英語にする必要あるの?と言いたくなりますよね。カタカナ英語を使うと頭が良くて仕事が出来そうって思ってるのでしょうか?

「プロジェクトにコミットしたい」は

⇒プロジェクトに関わりたい/参加したい

を言い換えているだけですからね。

このごろ何かと話題の「意識高い系」の特徴のひとつでもあります。

「結果にコミットする」を日本語にすると?

最近、雑誌の広告やテレビCMを見かけたりすることが多いエステ「ライザップ」のキャッチコピーで有名なのが

【結果にコミットする】

ですが、これを日本語に直すと
●結果にかかわりあう
●結果を約束する
●結果を確約する
など様々な受け取り方が出来てしまいます・・・・・

このコピーを作った人、OKを出したライザップの担当者に真意を聞かないと正確な意味は分からないというのがホントのところですね。

実際、「結果が出る(絶対に痩せられる)ことを確約する」とハッキリ書くのは、法律上、なにかと問題がありそうなので、わざとぼかして表現するためにコミットを使っているようにも思えます(^_^;)

>>>ライザップがプロデュースする置き換えダイエット食品です

コミットを自然にスマートに使えるようになる講座

でもせっかく意味を知って覚えたんだから、これからは自然とかっこ良く使えるようになりたいものです。あくまでさりげなく、ですよ。
  • 環境問題にコミットするのが夢だ
  • これからは会社の経営にコミットしていきたい
  • できるだけ契約上のコミットメントを遵守したい
  • 人事内容についてのコミットメントはやめていただきたい
動詞のコミットと名詞のコミットメントを完璧に使い分けて、中途半端な知識で使っている人に差をつけましょう(^^)

私がしたいコミットはというと・・・・

まえまえから興味があって、いつかは関わりを持ちたいと思っているものって誰でもあるでしょうけれど、私ならそれはスポーツですね。

草野球とかフットサルとか、テニスでもいいのですが、昔から運動音痴で、ほとんどやったことがなく避けて生きてきました。

ライザップみたいな痩身エステに通いたいとは思いませんが、それでもお腹まわりの脂肪とかコレステロール値が気になりだす年齢です・・・・・

楽しく体を動かせて、運動後は食事をしつつ談笑できるような、そんなサークルに入ってみたいなぁと。

学生時代のクラブ活動みたいなものにコミットしたいのです^^;

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ