国民の休日:2016年9月の何日?いつから始まった祝日?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 344

プールサイドのジュース

「国民の休日」は2016年(平成28年)9月の何日なのでしょうか?

あまり聞き慣れない祝日ですから、知らない人が多いと思います。

そこで、この新しい祝日がいつなのか、いつから始まったのか、どういう意味があるのかなど、気になるポイントをすべて調べてみましたよ!

2016年9月の【国民の休日】は何日にやってくる?

今年2016年(平成28年)の国民の休日は9月の何日なのか、まずそこからチェックしていきましょうね。

2016年(平成27年)9月の【国民の休日】は

残念ながらありません!

国民の休日とは、どういう意味がある祝日なの?

ところで国民の休日とは、どういう意味がある祝日なのかというと、

【国民の休日】ってどんな意味がある日?



祝日と祝日に挟まれた日

というだけなんです!

つまり、この日自体には特別な祝うべき理由はなく、たまたま祝日と祝日に挟まれただけなんですね(汗)

カレンダーを見ると一目瞭然ですが


●9月19日(敬老の日)
●9月22日(秋分の日)

と、このように2016年は9月19日が敬老の日、9月22日が秋分の日と祝日同士が離れているため国民の休日が作られないわけです。

いぶし銀の輝き!シルバーウィークがやってくる!

一家団欒
2016年は長い連休にはなりませんが、9月17日・18日・19日が繋がって三連休になります。

こういった秋の大型連休を

シルバーウィークと言います!

5月のゴールデンウィークほどの長い連休じゃないですが、それに次ぐ輝きということで「シルバーウィーク」という名称が付けられているわけですよ。

国民の休日という制度はいつから始まったの?

「祝」の字 「国民の休日」という休日制度が始まったのは実質的には1988年からです(1985年に制定)

はじめは5月のゴールデンウィーク中の祝日が飛び飛びになってしまうのを改善するため

祝日と祝日に挟まれた平日を休みにする

ことを目的として作られました。

しかし、祝日法が改正され、昭和の日(4月29日)とみどりの日(5月4日)が出来たため、ゴールデンウィーク中における国民の休日は消滅することになりました。

よって現在では、9月の敬老の日と秋分の日に挟まれた平日のみが、国民の休日となる可能性が残っているわけです。

※国民の休日は祝日のひとつには含まれませんが、事実上は祝日の一種とされているため、祝日を休みにしている店舗では休業するケースがほとんどです。

>>>今年の敬老の日がいつなのか詳しい日程はこちらの記事で<<<
>>>毎年変動する秋分の日の今年の日付はこちらの記事をご覧ください<<<

これから未来の9月に国民の休日があるかもしれない年は?

では、どれくらいの頻度で、これから先の未来に、こういう嬉しい連休が出来るのか、予定をチェックしてみましょう。

スポンサード リンク

9月21日
火曜日 – (2032年・2049年・2060年・2077年・2088年・2094年)
9月22日
火曜日 – 2009年・2015年(・2026年・2037年・2043年・2054年・2065年・2071年・2099年)

出典:ウィキペディア:国民の休日の項目

5~6年に一度という稀な頻度でしか、連休にならないことが分かってガックリです(^_^;)

しかも2015年の後は2026年まで11年間も無いという悲しい事実にショック!!!

※あくまで現時点であるかもしれないと推測される日付です。祝日法の法律改正で変更になることもあり得ます。

<水の無い所でも歯が磨ける歯みがきティッシュです>


私のひとこと感想

国民の休日があるかどうかは、かなり確率の低いレアなケースだということが分かりました。

以前から思うのですが五月のゴールデンウィークみたいな連休を、秋にも毎年できるような、そういう改正がされたらいいなぁと思います。

敬老の日を9月の第三火曜日に固定化するという案はどうでしょうか?

そうすると土日+国民の休日+敬老の日で四連休になるのですけど(^^)

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ