立冬とは?2016年はいつ?食べ物でカボチャはNGな理由

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 325

立冬頃の夕焼け空

立冬とは、どんな暦上の意味がある日なのでしょうか?

それに2016年(平成28年)は、いつがその日なのでしょうか?

そのあたりの立冬の詳しい情報をまとめてみました。この日に食べる食べ物はかぼちゃだと誤解していませんか?中国での食事事情もあわせてご紹介します。

2016年の立冬は何月何日にやってくるの?

まず最初に今年2016年(平成28年)の立冬は何月何日に当たるのか、そんな基本的なことからチェックしていきます。

2016年(平成28年)の立冬は、いつ?

11月7日(月曜日)です!

この日付は毎年この日に決まっている!というわけではなくて、その年によって変動します。だいたい11月7日か8日のどちらかに当たります。

立冬とは、そもそもどういう意味を持った日なの?

「立冬って、どういう意味?」なんていうストレートな疑問をぶつけられても、余裕を持って答えられるように、しっかりと概要を頭に入れておきたいですね。

立冬とは?ざっくり説明すると・・・

二十四節気のひとつ

冬の始まりを意味する日

木枯らしが吹き始める頃

●立春・立夏・立秋と並ぶ季節(四季)の節目

●立冬当日から小雪前日までが「立冬の期間」となる

●立冬当日から立春前日までが暦上の「冬」とされる

●太陽黄経が225度のとき


つまりカンタンにまとめると「立冬は冬がやってきた合図の日」ってことなんです。秋の穏やかな日差しから冬の弱々しい日差しに変わってきて、朝晩の気温がぐっと冷え込む時期ですよね。

しかし、昨今の温暖化でまだ樹木の紅葉もまだまだこれからというのが普通ですので、冬が来たといってもピンとこないかもしれません^^;

立冬に食べる食べ物はカボチャ?日本と中国ではこんなに違う!

生のカボチャ

立冬を含む二十四節気という暦上の取り決めは古代の中国から伝来してきたことはご存知かと思います。

本家・中国の立冬では

スポンサード リンク

北の地域:水餃子
南の地域:鶏肉や魚

といった食べ物を特別なごちそうとして食べるそうです。特に餃子を食べるのは有名で、これは餃子の発音と交代を意味する言葉と似ているため、そのような習慣が出来たと言われています。(立冬は「季節の交代」を意味するところから)

一方、日本ではどうでしょうか。

日本の立冬の食べ物は?

特別にはありません!

「あれ?立冬はかぼちゃじゃないの?」と疑問を持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、かぼちゃを食べるのは「冬至」のほうです。

名前が似ているので混同している方が多いようですね(汗)

<中国では焼き餃子より水餃子が定番。一回食べるとやみつきになる美味しさ♪>

マイナス15度にもなる北京の冬の寒さで耳が落ちないように耳に形が似た餃子を食べるという意味もあるそうです。面白い理由です(^^)

11月上旬はまだまだ冬には程遠いわけ

立冬が来て暦上はもう冬の季節とされる11月上旬ですが、コートを着るにはまだまだ早いくらいの暖かさが残っています。

気持ち的には冬というより晩秋といったところでしょうか。

これはなぜかというと、立冬を含めた四立(立春・立夏・立秋)は、昼夜の長さを基準にして365日を分けて作られたからです。

ですから実際の気候の暑さ寒さとは乖離があるのは当たり前なんですね。

「鍋の日」を知ってますか?

実は11月7日は鍋の日なんだそうです。

これは鍋の素を販売するヤマキが2001年に作ったそうで、ちょうど立冬に当たる日を狙ったようですね。

気が早いお宅ではそろそろ鍋料理が食卓にのぼることがある時期かもしれません。

私の家では住んでいる場所柄もあるかもしれませんが、もっと遅くて12月になってからです(^^)

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ