大安の意味※結婚式に大安を選ぶのは意味ないってホント?

スポンサーリンク

 

和装で結婚式をする男女

大安の意味をちゃんと分かっていますか?

これから結婚式の日取りを決めようかというカップルにとっては、とても気になるポイントですよね?でも若い世代ほど馴染みがなく知識に乏しい分野です。

そこで、大安の正しい意味やこの日に結婚式が推奨される理由、逆に今はもう意味ないんじゃないの?という説までご紹介します!

【大安】の正しい意味とは何ですか?

誰もが一度は耳にしたことがある大安ですが、正確な意味を知っている人は少ないかと思います。

だいたい今日が大安か仏滅か?なんて意識することは普段の生活ではありませんからね。なのでまずは辞書で大安の意味を調べるところから始めます。

大安を辞書でひいてみると?

たい‐あん【大安】

暦注の六曜の一。万事によいとされる日。大安日。「―吉日」

出典:goo辞書

と、このように説明されていました。

つまり何をするにしても縁起が良い日なんです。だからこそ昔からこの日をわざわざ選んで結婚式を挙げてきたんですね。

本題に入るまえに簡単な用語解説コーナー

暦注とは?

暦に記載されている日時や方位の吉凶や、その日の運勢のこと。

六曜とは?



暦注のひとつで、カレンダーや手帳に記載されることが多い最もポピュラーな暦注。中国生まれて日本に伝わった。大安の他に【仏滅】・【赤口】・【先負】・【友引】・【先勝】の6種類あるところから六曜と呼ばれる。明治以後は「六輝」という名称でも呼ばれるようになった。仏教とは無関係であり一部の宗派ではタブーとされている。

大安を選んで結婚式を挙げるのは意味ないってホント?

教会での結婚式

一般的な常識では

大安=結婚式を挙げるのに最適な日

とされていますよね。

しかし、一説ではこれは誤りだとも言われているんです。

それというのも大安というのは中国から伝わってきてから数百年の間に呼称が変化してきており、もともとのオリジナルでは

【泰安】

という書き方をしていました。

泰安という文字の読み方は

【たいあん】、もしくは【だいあん】と読みます。

この泰安(たいあん)という日は

何もしない日・日曜日

という意味があったんです。つまりキリスト教における安息日に近いニュアンスでした。

現在では大安を含む六曜はその日の吉凶を占うために存在していますが、本来は現在の曜日のような役割で使われたものなんですね。

縁起の良い日で何かを始めたりするのに最適で、だからこそ無理してでもこの大安の日に結婚式を挙げたいと思うのは、こういう由来を知ると意味がない気がしてきます。

ただ、こういう本来の意味を知っている人は皆無で、「大安=結婚式」という図式が一般常識になっている現状を見ると、ひとりで「意味がない!」って叫んでも虚しいだけかもしれません・・・・・・(汗)

>>>六曜表示が付いた日めくりカレンダータイプの電波時計です

すてきな神前結婚式に遭遇しました

数年前でしたか、京都に旅行をしたときにある神社の前を通りかかると、おごそかに神前結婚式が執り行われていました。

とてもすてきでしたが、その日は土砂降りの雨でせっかくの衣装も新郎新婦や参列者も雨にぬれて気の毒でしたね。その日の六曜は大安だったのでしょうか。

たしか梅雨の季節だったと記憶しています。

最近ではあえて大安じゃなくてもイイとか、仏滅じゃなければいい、仏滅でも気にしないという色んな考えの人が増えているそうです。

関連記事>>>結婚式の日取り|仏滅を選ぶメリットがあるってホント?

個人的には六曜のスケジュールよりも晴れの日が多い季節を選んで、そこから参列する人の参加しやすい日や会社の休みが取りやすい時期を選ぶのがいいのではないかと思います。

六曜は最後にチェックするくらいでちょうど良いのかと(^^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ