正月事始めは、いつ?【読み方と由来】煤払い・松迎えの意味

スポンサードリンク

正月飾り

正月事始めとは、どんな行事なのか知ってますか?

煤払いや松迎えをする日なんだと情報番組で紹介されていましたが、そもそもどういう意味がある日なのか私はまったく知りませんでした。

そこで、調べて分かったことをここにまとめてみます。

読み方や由来などの基本的な情報もとりこぼしなく、ぜひチェックしていって下さい。

【正月事始め】の読み方は?

まず最初は肝心な読み方からチェックしていきましょう。

正月事始めの読みは?

しょうがつ-ことはじめ

と読みます。

Wikipedia(ウィキペディア)には「しょうがつとはじめ」というルビが振られていますが、デジタル大辞泉などの辞書を引くと「ことはじめ」と書かれているので、こちらの読みが正解だと思われます。

【正月事始め】は、いつ?何月何日に当たるの?

続いては正月事始めはいつになるのかという話題です。今ではあまり一般的な行事ではないせいか、NHKのニュース等でもその日の当日になっても詳しく触れることはないので、ご存知がない方がほとんどかと思われます。

正月事始めの日付は?

12月13日です!

この日付は毎年固定されているので、今年も来年も再来年も一緒ですよ。

なぜ12月13日になったのかは由来について書かれた下記の項目で詳しく紹介します。

※地域によっては12月8日になる場合もあります。

【正月事始め】はどんな行事?どんな意味がある日?

2本の箒

馴染みがなくて、知らずに過ぎてしまうのが正月事始めの12月13日ですが、実は調べてみると、こんな意味があったんです。意外とこの日にやることはいっぱいあるんですよ。

正月事始めをざっくり説明すると?



●正月を迎える準備を始める日(または、その日を指す言葉)

「煤払い」・「餅つき」・「松迎え」・「年木」などを行う

「事始め」・「御事始め」・「正月始め」・「正月起こし」・「十三日祝」・「米搗き正月」など呼び名が多数ある

ひとくち解説

スポンサード リンク

「事始め」という言葉には、“物事の始まり”“新しい仕事にとりかかる”といった意味があり、この言葉の頭に「正月」が付くので、正月の準備を始める(とりかかる)ということを意味しているんです。


この行事の由来は?

門松 江戸時代初期まで使われていた「二十七宿」(にじゅうななしゅく)という暦の一種においては、12月13日は「鬼宿日」(きしゅくにち)といって、婚礼以外のことなら全て運勢が良い「大吉」の日だとされていました。

そこでそんなめでたい大吉の日なら正月の「年神様」迎えるのに最適な日じゃないかということで、この日から正月の準備を始めるようになったそうです。

この12月13日という日付は旧暦で計算されていたものですが、新暦に変わった今でも日付は変更されずに残されています。そのため多少季節にズレが生じています。

※年神様とは正月に家々にやってくる穀物の実りや幸せをもたらす神様のこと。

「煤払い」・「餅つき」・「松迎え」・「年木」とは?

正月事始めに行う「煤払い」・「餅つき」・「松迎え」・「年木」とは、どんな作業なのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

●煤払い(すすはらい)
家の中や外の煤やホコリを払い清めること。現代の年末の大掃除のような清掃という意味合いだけではなく、年神様を迎えるための神聖な行事という位置づけ。「煤掃き」とも言う。

●餅つき
読んで字の通り、お餅をつくこと。杵と臼でぺったんぺったんとついて正月に食べる餅を準備する作業。

●松迎え
門松を作ったり、お雑煮を煮るために必要な木や燃料の薪を恵方の山へ採りに行くこと。正月事始めのもともとの原型とされる行事。「門松迎え」とも言う。

●年木/歳木(としぎ)
家の門前や門松のそばに置く年神様に供えるための木のこと。「若木」・「幸い木」とも言う。また、新年に使うために年末のうちに切り出しておく薪のこともこう呼ぶ。

<家庭用のミニサイズの臼と杵です。つきたての餅は絶品ですよね>

昔の日本人はお正月を迎えるのにずいぶんと厳かな気持でいたんだということが伺い知れます。最近は門松すら飾る家が減ってきて少し寂しいですね。

京都で神社仏閣巡りしたいなぁ・・・・・

この正月事始めは西日本が中心で、今でも京都の祇園では昔ながらの習慣として残っているそうです。

舞妓さんや芸妓さんは12月13日にはもう師匠のお宅へ伺い、新年の挨拶をするんだとか。

この時期に京都に行けばそんな珍しい光景を目にすることもあるかもしれません。

年末の忙しい時期ですが、こんなときに旅行するのもいいですね(^^)

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ