四十九日の香典相場【親・孫・叔父・叔母】家族や身内の金額

スポンサードリンク

香典を差し出す男性

四十九日の香典の相場はいくらくらいなのでしょうか?

こういう法事に関係することって、いざとなると知識がなくて弱ります。私も以前、孫として祖父の四十九日に参列したときに困った経験があります。

そこで、誰の四十九日に参列するか、故人とあなたとの関係性別に(親なのか、祖父母なのか、叔父や叔母なのか)、家族や身内に対してそれぞれいくら包めばいいのか一覧にしてまとめておきました。

困ったときにすぐ確認できるようにブックマークしておいてくださいね。

四十九日の香典にいくら包んだか、アンケート結果は?

あるアンケート調査で四十九日の香典にいくら包んだのかという結果が発表されていました。それによると上位3位までの金額は

四十九日の香典にいくら包んだ?

  1. 1万円

  2. 5千円

  3. 2万円

という結果でした。

四十九日という法要の香典は、だいたい葬儀の際の半額程度が相場とされており、最も多い回答から分かるように現在の一般的な相場は【1万円】となっています。

法事の施主が参列者一人あたりにかかる費用(食事代・返礼品)が1万円と言われていますので、その分を負担するという意味で【香典額1万円】という金額は理にかなっているわけですね。

親(父母)・叔父・叔母・祖父・祖母にはいくら包む?

家族や身内が故人の四十九日の場合、香典にはいくら包めばいいのか、親(父母)・叔父・叔母・祖父・祖母など相手別に金額をまとめてみました。

孫のあなたが祖父・祖母に包む金額は?

1万円

子供のあなたが親(父母)に包む金額は?



3万~5万円

叔父や叔母に包む金額は?

1万円

※親族の場合、香典にプラスして御供物(お菓子)を持参するのが常識です。

>>>四十九日のお供え物のお菓子についてはこちらをクリック<<<

【ご注意】香典の金額はまわりとの兼ね合いで変動する!

御仏前の袋 これらの金額はあくまで一般的な相場であり、実際のところはまわりとの兼ね合いで金額は変動すると思って下さい。

たとえば叔父や叔母への香典は、あなたの両親も葬儀に参列し香典を出す場合、

あなたの親の香典の金額

によって変動することになります。

あなたの親が3万円を包む場合

あなたは1万円

あなたの親が5万円を包む場合

スポンサード リンク

あなたは2~3万円

と、このように親の額に合わせるのがベターです。

一律に「○万円だせばOK!」と決まっているわけではないことにご注意ください。

【宗派別】香典袋の表書きはこう書く!

香典袋の表書きに迷ったら、こちらを参考にして書くか、または印刷済みの香典袋を選んで買って下さい。

宗派に合わせた表書きの例

●仏式・・・「御仏前(御怫前)」「御供物料」

●キリスト教式(カトリック・プロテスタント)・・・「御花料」「御花輪料」

●神式・・・「御玉串料」「御霊前」


「御香典」は四十九日以降は使えません

「御香典」または「御霊前」は、“亡くなられた日から49日未満”までに使われます。

「御仏前」は、“亡くなられた日から49日以降”の法要に使われます。(亡くなった方は49日を過ぎると「仏」になるとされているため)

※仏式は宗派(浄土真宗や日蓮宗など)によって表書きが変わりますが、先方の宗派が分からない場合は「御仏前」にしておけば失礼がありません。

※仏教かクリスチャンか、それさえ分からない場合は「御供物料」としておけば、どんな宗教・宗派でも大丈夫です。

※四十九日の法要では「香典袋」と呼ぶのは間違いで、「不祝儀袋」が正確な呼び方です。

名前はどうする?連名か、世帯主の名前か?

手を合わせる男女 香典袋に書く名前ですが、あなたが結婚されている場合、夫婦二人の連名で書くべきか、世帯主だけの名前を書くべきか迷いますが、

世帯主の名前のみ

が正式です。

ご主人が出席せず、あなた(妻)だけが参列する場合でも連名ではなく世帯主の名前だけを書くようにします。

最後に:もし夫婦で参列されるなら

もしあなたが既婚者で亡くなった方との間柄から、ご夫婦ふたりで四十九日に参列されるなら、

二万円+御供物(お菓子)、または三万円

を包みましょう。亡くなられた故人が義父母や義祖父母であっても、これくらいの金額が相場だとされていますよ。

以上、参考になれば幸いです。誰かにこの記事を読ませたいと思ったら下のフェイスブックやツイッターのボタンを押してシェアをお願いします。

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ