2018年インフルエンザA型・B型※症状の特徴と流行時期

スポンサーリンク

 

頭痛をうったえる女性

2018年(平成30年)もまたインフルエンザが流行する時期がやってきました。

街に出ればマスクをして咳き込む人をたくさん見かけたり、テレビのニュースでは小学校の学級閉鎖が伝えられる頃ですね。

嫌になるほど辛いインフルエンザにはA型やB型と呼ばれる種類があることをご存知ですか?

ここでは今年流行りそうなインフルエンザの種類やその症状の特徴や傾向、流行のピーク時期についてまとめてみました。

流行するインフルエンザは合計【3種類】ある

テレビのニュースで「今年は香港A型のインフルエンザが猛威をふるいそうです」なんてことを耳にしたことがありませんか?

そうなんです。インフルエンザには種類があって毎年流行するタイプが多少違うんですね。

そのインフルエンザの種類とは?

A型・B型・C型

の3種類がそうです。

この3種類を流行性の高さで並べると?

A型>B型>>>>>C型

の順番になります。

最も流行性が高くて罹る人が多いのがA型です。次いでB型と続きます。C型は小さい子供がまれに感染するくらいでほとんど流行はしませんから無視していいでしょう。

ここからA型とB型の詳しい症状の説明をしていきます。

香港A型の「香港」ってあの中国の?

インフルエンザA型で「H3N2型」のものを香港A型と呼ぶのですが、これはこのインフルエンザウイルスが1968年に香港で大流行したために命名されました。だからあの中国の香港なんです。ほかにもスペイン型やソ連型など流行国の国名が付けられたウィルスがありますよ。

インフルエンザA型とB型のそれぞれの症状の特徴と違い

悪寒を感じるOL インフルエンザウイルスのA型とB型の症状の特徴はこんな風に違います。罹ったかな?と思ったらチェックしてみてください。

A型の症状

・高熱(38~40度)
・頭痛
・喉の痛み
・鼻水
・咳
・寒気や悪寒(ふるえ)
・めまい
・関節痛や筋肉痛
・倦怠感(だるさ)
・腰痛


B型の症状

・A型の症状と同様
・胃炎
・気管支炎
・上気道炎


【単純明快】A型とB型の違い

流行する頻度
●A型・・・毎年
●B型・・・数年おき(近年は毎年になっています)

流行するスピード
●A型・・・とても速い
●B型・・・ゆっくりじわじわと

感染経路
●A型・・・人から人、動物(豚や鳥など)から人へ
●B型・・・人から人へ

どちらの型に罹る人が多いか(割合)
●A型・・・約80%
●B型・・・約20%

流行するシーズン
●A型・・・12月から1月にかけて
●B型・・・2月から春先にかけて

種類の多さ
●A型・・・亜型(下位の分類)がたくさんある
●B型・・・1種類のみ

症状の重さ
●A型・・・重症化することがある
●B型・・・比較的軽いケースが多い

症状の微妙な違い
●A型・・・高熱が出やすい
●B型・・・高熱が出ないこともある/消化器症状(下痢・腹痛)が出やすい

一回の予防接種でA型もB型も予防できる?

インフルエンザワクチンはその年に流行しそうなタイプを混合されたものを受けることが可能です(たとえば「ソ連型」+「香港A型」+「B型」の3種を混合したもの)

ただ、一回の予防接種ですべて防御できるようにはなっていますが、それで100%防げるわけではありません。

2018年のインフルエンザの流行時期はいつからいつまで?

マスクをするサラリーマン 2018年(平成30年)のインフルエンザの流行時期を例年のデータから予想してみました。だいたい毎年同じようなタイミングで流行りだして、ゆっくりと沈静化していきます。

インフルエンザの流行期間は?

2017年12月~2018年3月まで

インフルエンザの流行のピークは?

1月下旬がピーク

1月の第4週(最終週)は最もインフルエンザの患者数報告数(病院に罹る人)が多くなる時期なので、特に気をつけるべき時期ですよ。

新型インフルエンザは一度かかれば二度とかからない?

インフルエンザにかかると免疫ができます。ですから一度かかれば、同じシーズンに同じインフルエンザには二度目は非常にかかりづらくなるか、かかっても軽症で済みます。

しかし翌年はまた違う型の新型インフルエンザが出てきますので、かかってしまいます。ですから完璧な免疫を手に入れることは不可能だそうです。

また、1シーズン中にA型とB型の両方にかかる可能性は当然ながらあります。

<マスクはまとめ買いしたほうが絶対にお得です>

辛いな・・・と思ったら絶対に病院へ行くべき

私は普段から風邪を引いても市販の風邪薬は飲まないですし(買い置きがありません)、病院に行くこともまずありません。

でも数年前の冬、何日も40度近い高熱が続き、「これは辛い、普通じゃない」と思い、近くに住んでいる友人に頼んで自動車で病院に連れていってもらいました。

すると診断結果はインフルエンザ。このとき生まれて初めて罹りました。

それで処方されたのが色々と問題もあると聞くタミフルという薬で、恐る恐る飲んだところ、すぐに熱が下がって、ほどなく全快してしまいました。このときほど現代医療の凄さを実感したことはありません(^_^;)

そんなわけで、もしこれを読んでいる方でインフルエンザかどうか、迷うような症状に苦しんでいるとしたら、即、病院でお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ