夏バテに効果的な食べ物と食材※簡単スタミナ料理のレシピ付

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 347

サラダとスパゲティセット
夏バテしたときの効果的な食べ物ってなんでしょうか?

子供の頃よりも大人になってからの方が夏バテをしやすくなってしまいました・・・・・。真夏の暑さで食欲がなくなると、自分の好きなものしか食べなくなるから、そのせいで栄養不足になるんでしょう。

今年の夏はそうならないように、夏バテ対策としての効果的な食べ物(食材)と、夏バテになっても食べやすい食事メニューを調べてみました。

夏バテに効果的な食べ物と食材がコレ!

真夏の高温にさらされると大量の汗をかきます。この汗と一緒に失われてしまうのがビタミンやミネラルなので、これらの栄養素を効果的に食べることが夏バテ予防と回復になるんです。

●ビタミンB1を多く含む食材

・豚肉
・レバー
・うなぎ
・いわし
・納豆
・玄米
・豆腐
・ごま

●ビタミンB1の吸収を高める食材

・玉ねぎ
・ニラ
・にんにく
・らっきょう

●クエン酸を多く含む食材

・酢
・レモン
・グレープフルーツ
・梅干し

夏バテになっても食べやすい食事メニュー



夏は気温が高いせいで他の季節よりもエネルギーが必要になるんですが、暑いと食欲が落ちてしまい、ノド越しの良いソーメンや蕎麦だけしか食べなくなるのでエネルギー不足になります。

このエネルギーを体内で作るにはビタミンB1が必要なので、夏バテ解消のためにはこのビタミンB1を多く含む食事メニューがおすすめです。

このビタミンB1が多い食品を集めて作れるメニューといえば、「豚しゃぶ」がありますね!




豚冷しゃぶの作り方

豚しゃぶは、豚肉と豆腐とゴマを使いますので夏バテのときの食事メニューとしては最適です。

それに「冷しゃぶ」という冷たくして食べるレシピもありますので、真夏でも食べやすいメニューですよね。

豚冷しゃぶの基本レシピ

スポンサード リンク


材料(1人分)
  • 豚肉(薄切り)100gくらい
  • 市販のごまだれ(ミツカンなどから出ているもの)
  • 豆腐(絹ごし)
  • お好みの野菜(キャベツ・ねぎ・しいたけ・人参など)
  • 和風だしの素
  • 料理酒

作り方の手順


1. 鍋でお湯を沸かし、和風だしの素とお酒少々を入れる

2. その鍋で野菜類や豆腐をさっとゆでて、ザルにあげて冷ましておく

3. 豚肉を色が変わるまでゆでて、ザルにあげて冷ます

4. お皿に冷ました野菜と豚肉を盛り、その上からごまだれをかける

5. 完成!

試しに作ってみたんですが、普段まったく料理をしない料理下手な私でもまったく失敗なく簡単にできました(^_^)

市販のごまだれにさらに白ごまを足すといい感じです!

豚肉を使ったメニューとしては他に、レバニラ炒め、生姜焼き、ゴーヤチャンプルーなどがオススメです。

夏バテ対策には栄養バランスの良い食事をこころがけること

wateishoku

夏バテにならないためには栄養のバランスが取れたメニューを普段から食べておかないとだめですね。

栄養バランスの取れた食事メニューとは

1.主食
ごはん・パン・麺

2.主菜
肉・魚・卵・大豆料理

3.副菜
野菜・きのこ・いも・海藻料理

4.牛乳/乳製品
牛乳・チーズ・ヨーグルト

5.果物
みかん・りんご・ぶどう等

これら5つの区分の食べ物を組み合わせたものが一食分になります。

一食の食事メニューの例

ごはん・豚肉の生姜焼き・野菜サラダ・味噌汁・ヨーグルト・リンゴ

こんな感じの食事がすべての栄養素をバランスよく食べられるメニューです。

そうめんや蕎麦といった食事では炭水化物しか摂れず、タンパク質やビタミン、ミネラルが足りなくなってしまうんです。食欲が無いときでもこの主食・主菜・副菜・乳製品・果物を少しずつでもいいので摂るようにしたいですね。

冷たいものは控え目に!

暑い時はどうしても冷たいジュースやアイスクリームを食べる機会が増えます。

こうした冷たい飲み物や食べ物には糖分が恐ろしくたくさん含まれているので控え目にしましょう。糖分のとりすぎで食欲がわかなかったり、ビタミンB1をムダに消費してしまうので夏バテを引き起こす原因になってしまいますので。

知り合いに夏はお昼ごはんとしてアイスクリームを食べておしまいという人がいます(笑)こういうのが最も最悪な食事ですのでご注意を。

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ