牛丼のカロリーは?松屋・すき家・吉野家・なか卯を比較して最も高いのは?

スポンサーリンク

 

牛丼を食べるとしたら松屋・すき家・吉野家・なか卯のどこを選びますか?

もしかしたらカロリーが低い牛丼を出す店を選んで行く人もいるかもしれませんね。

そういう数カロリーの差も気になる人のために、各牛丼屋の「並盛り」と「大盛り」のカロリー数を比較してみました!

「一番高いのは?」牛丼(並盛)のカロリー数を徹底比較

牛丼の並盛

大手牛丼チェーンといえば、吉野家・松屋・すき家・なか卯で異論はないと思います。この大手4社の最も代表的なサイズである「並盛」のカロリーを比較してみましょう。

【大手牛丼チェーン】並盛のカロリー多い順ランキング

  1. 【松屋】735kcal

    牛めし(並盛)/290円

  2. 【なか卯】715kcal

    和風牛丼(並)/350円

  3. 【吉野家】669kcal

    牛丼(並盛)/380円

  4. 【すき家】656kcal

    牛丼(並盛)/350円

と、このように松屋が一番カロリーが高く、すき家が最も低い結果となりました。

その差は79kcalですが、これを大きいと思うか大したことないと思うかは微妙なところですね。ちなみに並の値段が一番安いのは松屋です(カロリーが高く値段は安いというアンバランスさが面白い)

ご注意!



カロリー・価格とも2015年のデータですから、現在は変更されている可能性もあることをご了承下さい。

「牛丼を腹いっぱい食べたい人向け」大盛りのカロリー数を比較

続いて牛丼を腹いっぱい食べたいけど、大盛りにするとカロリーが気になるという人に、どこの牛丼屋の大盛りが高カロリーなのか比較してみました。

大盛のカロリー多い順ランキング

  1. 【松屋】960kcal

    牛めし(大盛)/390円

  2. 【吉野家】929kcal

    牛丼(大盛)/550円

  3. 【なか卯】909kcal

    和風牛丼(大盛)/500円

  4. 【すき家】845kcal

    牛丼(大盛)/470円

さすが大盛だけあってどこも900kcalオーバーですが、その中でやっぱりすき家だけは800台と低カロリーです。松屋とすき家の大盛の差は実に115kcalもあるので、ダイエットしたいけど、どうしても牛丼をたくさん食べたい!という人はすき家に行くといいと思います(^^)

牛丼一杯で摂取できる栄養素と足りない栄養素とは?

すき家の看板

一人でも入りやすいし、待たずに食べられて安いから、独身の、特に若い男性はよくお世話になっている人が多いのが牛丼です。お腹も膨れますし。

でも、ふと栄養のことが気になったりしませんか?

この牛丼に使われている食材は
・牛肉
・たまねぎ
・白米
・紅しょうが
と至ってシンプルです。家庭で調理される牛丼にはしらたきが入っていたり、付け合せに味噌汁やサラダが付きますが、牛丼屋ではそれのみで食べることが多いですよね。

ですから摂取できる主な栄養素は
・タンパク質
・炭水化物
・脂質
という超偏ったものだけです。

健康的な食生活として求められる
・ミネラル(鉄分やカルシウム)
・ビタミン
・食物繊維
が明らかに欠けています。

サイドメニューのサラダを追加して、せめてビタミン類だけは摂ったほうがいいですね。


私の贔屓はすき家

すき家って他の牛丼屋に比べて味付けが濃くなくて食べやすいから好きですね。他と比べてカロリーが低い理由はそんなところにあるのかなとも思います。

「牛あいがけカレー」もよく食べるんですが、これも他の牛丼屋よりも味が良い気がします。

というわけで、私的にナンバーワン牛丼屋はすき家ということで締めたいと思います(^^)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら、SNSでシェアしてください♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ