七草粥2017年は「いつ食べる」?いつまで食べて大丈夫?

スポンサードリンク

この記事を読むのに必要な時間: 323

七草粥というのは「いつ食べる」のが正しいのでしょうか?

2017年の今年は何月何日なのか、正確な日付や食べる時間を調べてみました。

もうその日は過ぎてしまっている・・・・・という方は、いつまで食べても大丈夫なのかをチェックしてくださいね。

2017年の七草粥は「いつ」食べるのが正しい?

七草と土鍋の粥

七草粥というのは1月に食べるものだというのは、だいたいの人が知っているかと思いますが、正確な日付となると曖昧ですよね。そもそも決まっているのかも私は知りませんでした。

そこで、調べてみたところ

2017年の七草粥を食べる日はいつ?

1月7日(土曜日)

なんだそうです(^^)

※この日は人日の節句といって、毎年1月7日に固定されています。

しかも、この七草粥は1月7日中ならいつ食べてもいいというわけではなく、ちゃんと食べる時間帯まで決まっているんです。

食べるタイミングは?

【朝食】に食べます

前日の1月6日の夜のうちに七草をまな板の上で包丁を使い細かく刻んでおいて、翌日朝(1月7日朝)に粥を作って朝食として食べるのが正しい行事の行い方です。

朝からお粥は違和感ありますよね?香港に行った時は現地ではポピュラーだという朝食代わりの中華粥を食べましたが、私は普段いつもパン食なので・・・・・・

どうせなら家族が全員揃ってゆっくり食べられる夕食だったらなぁ、と思ってしまいます(汗)

いつまで食べても大丈夫?



すこし遅れても平気!

日付が決まった年中行事なので理想は1月7日に食べるのがベストですが、七草粥を食べる理由を考慮すると数日遅れて食べてもOKだと(個人的には)思います。

七草粥をこの時期に食べる理由や由来の秘話は別記事にて特集しています。是非ご覧になってみてください!
■関連記事>>>七草粥の由来※七種類の草を食べる理由を子供に分かりやすく

七草粥を食べる風習はいつからあるの?

春の七草全種類 毎年1月7日に七草粥を食べるという風習はいつからあったのか、ちょっと知りたくないですか?

なんとなく日本独自の風習に思えますが、実は

ルーツは中国

にあったんです!

中国には「人日の節句」(陰暦1月7日)に「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という7種類の野菜が入った吸い物を食べる習慣がありました。

これが平安時代に日本に入ってきて、日本に元々あった「若菜摘み」という風習と結びついて今のような七草粥になったそうです。

※若菜摘みとは?

スポンサード リンク

まだ雪が降り積もる大地から春を待ちきれずに芽吹いた若菜を摘んで、それを無病息災を祈って食べること。

中国から伝わったばかりの平安時代、その頃に食べられていたのは「七種粥」といって「米・小豆・簑米・稗・胡麻・黍・粟」が入ったものでしたが、この若菜摘みで採った野菜を取り入れることで現在の七草である「セリ・スズナ・ナズナ・スズシロ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ」に変化していきました(これは鎌倉時代になってからのようです)

一般の人々の間で食べる風習が定着したのは江戸時代になってからといいますから、案外、まだそれほど時間が経っていないんですね。

<作るのが楽なフリーズドライの七草です>

土鍋で煮るお粥は最高です

朝に食べる七草粥には不向きかもしれませんが、土鍋で煮たお粥は格別に美味しいと感じるのは私だけの錯覚でしょうか?

我が家には2人用の小さな土鍋があるので、時々それで夕飯にお粥を作って食べます。

食べ放題で食べ過ぎた後、飲み会で飲み過ぎた後など、胃が弱っているときは特に美味しく感じますね(^^)

今年は面倒でも土鍋で朝から七草粥を作ってみようかな?(七草はフリーズドライで楽をして)

スポンサード リンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ