眠たくなる方法【不眠対策】コロッと眠れる5つの方法

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 410

眠たくなる方法をお探しですか?

私はベッドに入ってから毎晩ほとんど20分~30分間は眠れず、長いと1時間くらい眠れません。

こういう眠れない時間って、すごくネガティブなことを考えてしまうし(仕事上の失敗とか、将来への不安とか)、眠っているわけでもないのに寝転がり、ただ時間をムダに潰しているようでもったいないですよね。

理想はバタンキューです。

そこまでいかなくても横になったら5分としないで眠りに落ちるの方法がないか探してみました。

全国の同じような不眠症の人の助けになれば嬉しいです。

YouTubeの動画で眠りを誘う


ヘッドフォンをつけて聴きながら横になると10分以内に眠くなる音楽として有名で、世界中で人気なのがこちら。再生回数が700万回を越えているのがすごい。

これを私が試したところ昼間(午後3時過ぎ)ですが、ウトウトしてきました(^_^)

個人的オススメ度 ★★★★★
(5つ星が満点として採点)



YouTubeにはこうしたリラクゼーションサウンドがたくさんありますが、そのなかでも再生時間が3時間オーバーなので、どんなに不眠の人でも対応可です。

個人的オススメ度 ★★★★☆

効果は人それぞれ?ちょっとしたアイディア


脳内で「あーーーーー」と発声する


どこで読んだか忘れましたが(たぶん2chのまとめ)、眠れないときは横になったまま、脳内で「あーーーーー」とひたすらそれだけを発声し続けるという方法が紹介されてました。

こうやってひとつの音だけを発声(もちろん声に出すのではなく頭のなかで声を再生するんです)すると他の雑念、自分自身との対話、脳内でのつぶやきがかき消されて、眠りに落ちやすくなるのだとか。

これは一回やってみましたが、集中するためにけっこうパワーを使うので余計に神経が覚醒してしまい寝付けませんでした・・・・・・。向く人と向かない人がいるみたいです。

個人的オススメ度 ★★☆☆☆




難しい本を読む

スポンサード リンク


学生時代、興味がなく難しい文学作品や数学・世界史の教科書を読んでいると眠くなりませんでしたか?

森鴎外の「舞姫」とか古い言い回しや古い漢字が多くて、すぐに眠くなったものです。あれを逆に眠れない夜に利用できないかと試してみました。

枕元に事前に本を用意するか、スマホで青空文庫を読むのもいいでしょう(「舞姫」もあります)
読む本はそれぞれ「退屈だ」と感じる作品をチョイスしてください。読んでみたら意外と面白くてハマってしまい目が冴えてしまったというオチにはご注意を^^;

個人的オススメ度 ★★★☆☆

生活そのものを見直して眠くなる体を作る


人間の体というのは25時間という生活リズムを刻むようにできているんです。1日は24時間ですから、この1時間のズレを修正しないままですと、24時間で朝昼晩を繰り返す地球のリズムとずれていく一方になるんですね。

窓がない暗い部屋で人が生活したらどうなるかという実験をしたところ、どんどん寝る時間が遅くなっていったそうです。私もあまり太陽を浴びない生活をしているので、これも原因のひとつかなって思いました。

このズレを修正するためには、朝起きたら太陽の光をしっかりと浴びましょう!
手巻き時計を修正するみたいに、毎日浴びることが望ましいです。

笑うか、泣くかして副交感神経を優位にする

bakushou

人間が「眠い」と感じるのは「副交感神経」が優位になっている状態なんです。

しかし、日々の生活での緊張やストレスが多いと「交感神経」が優位になってしまい、快眠できなくなってしまうそうです。

交感神経・・・運動をするなど体を活発させているときに働く神経
副交感神経・・・体がゆったりとリラックスしているときに働く神経

この副交感神経は、泣いたり笑ったりすると優位になります。つまり眠りにつくまえに思い切り泣ける映画を見たりすると寝付きが良くなるみたいです。子供が泣き疲れてしまって眠ってしまうというのも理由があったんですね。

そういえば、こんなことがありました。寝る前に録画していたバラエティ番組を見てひとしきり笑った後、明日が朝早いからとすぐ床についたらあっさりと眠りに落ちたことが!

YouTubeで笑える動画を探して見てもいいかも?

夜更かしな子供を早く寝かしつける方法


小さなお子さんがなかなか眠ってくれなくて困っている人もいるでしょう。

そんなときの対処法は

・昼間おもいっきり遊ばせて疲れ果てさせる

・朝早くにお越し、お昼寝をあまりさせない

・お風呂には早めに入らせておく

・数をゆっくり数える

ぜひお試し下さい!

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ