靴紐がほどけない結び方@3年で1回もほどけなかったコツ!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 224

靴紐が歩いててほどけるのって、ほんとに鬱陶しいですよね。

絶対にほどけない結び方はないかなぁ~と思って見つけたのが、今回ご紹介する方法です。(動画があるので分かりやすいですよ)

この結び方を実践して3年以上経ちますが、その間に1回もほどけなかったというスーパーウルトラすごい裏技です(^^)

革靴や登山靴を履くとき、サッカーやジョギング等の激しいスポーツをするときにも有効なんで、ぜひお試しを!

これが、ほどけない靴紐の結び方!【動画解説付き】

では、さっそくやってみましょう。

【用意するもの】

・紐が付いた靴(革靴・スニーカー・登山靴などなんでもOK)

パソコンの前に新聞でも敷いて靴を持ってくるか、それともスマホを持って玄関に行き、靴紐を実際に結びながらやってみてください。

【解説動画】

スポンサード リンク



動画だけでは分かりにくいので、手順を文字にしてまとめてみます。

1. 最初の輪っかのところで通常1回くぐらせるところを2回くぐらせて結ぶ
2. 普通に蝶々結びを作る
3. 蝶々結びの形ができたら、根本にある輪っかに右側の蝶々の輪をくぐらせる
4. 左右の蝶々をギュッと引っ張って結ぶ

たったこれだけでほどけない結び方が完了です。簡単ですね。

もっと手抜きが可能!ワンポイントアドバイス

この手順通りにやれば完璧なのですが、面倒くさがりな私は「手順1.」の

最初の輪っかのところで通常1回くぐらせるところを2回くぐらせて結ぶ

という工程を飛ばして試してみたんです。そうしたら特にほどけやすくなることもなく、一回もそれでほどけたことがないので、あえてやる必要はないですね。

ただ蝶々結びをして最後に根本の輪っかに蝶々の片方をくぐらせてから結ぶということをだけを覚えておけばいいと思います!

ランニング・ジョギング・登山で試してみた結果は?

紐がほどけたスニーカー
私は日常的に数キロのジョギングや短距離のランニングを行っています。

そこでもランニングシューズの紐を結ぶときにこの方法を試していますが、3年間続けているにもかかわらず今まで一度も解けたことがありません。それくらい確実なんです。

登山も年に一回くらいは行っていますが、急斜面の山道を昇ってもほどけたことがありません。(残念なことに登山靴は持っていないので普通のシューズですが)

おそらく登山靴でも変わらない結果が得られると思いますよ。

最後のまとめ

最初はピンとこないと思うので何度も繰り返し練習して手順を頭に叩き込んでください。

道具も要らず、時間もかからず、最高にして唯一の「ほどけない結び方」だと確信しています。

大げさじゃなくホントに一生ものの知恵なので、今日ここで覚えたことが今後ずっと役立つと思います♪

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ