お腹を壊したときの対処法と原因|下痢のときはこの食べ物

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 428

お腹を壊したときの対処ってどうしてますか?

私は冷たいものを少しでも飲み過ぎるとすぐにお腹を壊して下痢をしてしまいます。あと、食べ過ぎてしまっても「お腹の急降下」でトイレに駆け込みますよ。

こういうときにどうしたらすぐ治るのか、知りたいですよね?

お腹が痛くてトイレにこもってるときって「神様、なんとかして下さい!」と神頼みするくらい辛いですから(^_^;)

お腹を壊した原因はなんだろう?

fukutusu

急にお腹が熱くなって便意を感じてトイレへ駆け込んだら、下痢してた・・・・・こんなことが夏の間はしょっちゅうあります。他の季節でもありますけど、特に夏に多いです。

お腹を壊してしまう原因には


・冷たいものを食べたり飲んだりした
キンキンに冷えたジュースやビール、アイスやかき氷で体が冷えてしまうとお腹にはよくないです。

・体が冷えてしまった
扇風機やクーラーで体が冷えると腸の働きが悪くなりお腹を下す原因になります。

・食あたりになった
腐ったものや細菌やウイルスに感染したものを食べると下痢だけじゃなく、重度の腹痛や吐き気に襲われます。

食べ過ぎ(消化不良)
消化機能を上回る量の食べ物を食べてしまうと消化が追いつきません。

・ストレスを受けた
精神的な重圧を受けてもお腹は下ります(学校や会社でのプレッシャー)

・風邪をひいた
風邪のほかにインフルエンザや肺炎もお腹を下す原因になります。

・過敏性腸症候群
頻繁にお腹を下して学校や会社に通うのも大変な人はこの病気の可能性があります。

などが考えられます。
このうち、吐き気や強い腹痛を伴う下痢は食中毒の可能性がありますし、頻繁に下痢を繰り返すなら過敏性腸症候群の可能性がありますので病院で診察を受けましょう。

また数週間も下痢が続く状態ですと他の病気の可能性もありますので医師の診察が必要です。

お腹を壊した時の対処法で正しいのは?


お腹を壊した状態はというのは腸の働きがおかしくなっているわけなので、できるだけいたわってあげる必要があります。

お腹を壊した時の対処法

スポンサード リンク


・体を安静にする

・お腹を温める

・消化の良い食べ物を選ぶ

・経口補水液やポカリスエットなどで水分補給する

などです。

お腹を壊すと食べた食品から栄養を取り込まずに、そのまま外へと(下痢便として)排出してしまいます。体に摂取される栄養もカロリーもゼロですので、次第に痩せていってしまう危険な状態です。

下痢として体の水分や栄養分が失われると脱水症状や栄養不足の状態になりますので、経口補水液やポカリスエット等で十分に水分補給をしつつ消化の良い食べ物を食べるようにしましょう。

食欲がないときは皮が付いたままのリンゴの摩り下ろしがいいそうです。

たくさん食べると下痢をしやすい食べ物は?

onakakowasita

どんな食べ物でも食べ過ぎはお腹を壊して下痢をする原因になりますが、とくにお腹を下しやすい食べ物を調べてみました。

・体を冷やす性質のある野菜

きゅうり・レタス・トマトなど
きゅうりやトマトなどが入った生野菜サラダを食べるときは、冷蔵庫で冷やしたものではなくて、常温の状態のものを食べたほうがいいそうです。

・繊維質の食べ物

ごぼう・さつまいも・きのこ・セロリ・わかめ
繊維質の多い食べ物は便秘の時は有効ですが、食べ過ぎると逆にお腹を下してしまいます。

・人工甘味料を含む食べ物

ガムに入ってるキシリトールやダイエットコーラに入っているアスパルテームなどの人口甘味料は一度に大量に摂るとお腹をくだす体質の人がいます。

下痢が治りつつあるときに向いたお腹に優しい食べ物


ひどい下痢が続いていて治りかけのころにちょっと油断して消化の悪いものを食べたら、またぶり返してしまったことがありました。

そんなときはこういうお腹に優しい食べ物が向いてるそうですよ。

・おかゆ(お粥から水分多めに柔らかく炊いたご飯へと段階を踏む)

・豆腐や納豆などの大豆製品

・煮込んだ野菜料理(大根、人参、じゃがいもなど)

・卵料理(スクランブルエッグなど)

・白身魚

・脂肪の少ない肉

消化が良い食べ物ってどういうもの?


お腹を壊している時や痛いとき、風邪をひいたときに医者へ行くと必ず「消化の良い食べ物を食べて」と言われますよね。

この消化の良い食べ物とはどんなものかというと、「食べても胃にとどまる時間が短い」食べ物なんだそうです。胃にとどまる時間が短いということは胃への負担も少ないことから消化が良いとされるようです。

この消化が良い食べ物の代表で風邪をひいたときの定番メニュー「うどん」は実はあまり消化がよくないとテレビでやってました。

そうなのか!と妙に納得してましたが、あらためて調べてみるとそれは間違いだったみたいです。うどんの主成分の炭水化物は消化が早いことは誰もが認めるところです。

それにうどんは脂質が少なく味が薄いことから胃に優しい消化の良い食べ物だと分かりました。

でもなにもうどんにこだわる必要はなく、おなじ理由からお粥も消化が良いそうですよ!

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ