玉串料の相場金額※お札は新札?消費税はかかる?封筒に入れるべき?

スポンサードリンク

お宮参りや七五三、地鎮祭などで謝礼として渡す玉串料。

いざとなると、どのくらいの金額を包むのかいつもわからなくなってしまうんですよね。

玉串料は神社での結婚式や神道の葬儀でも使用します。

大事な儀式の時にマナー違反にならないようにしたいですよね。

そこで、玉串料の相場金額や新札が良いのか、消費税はかかるのか、封筒に入れるのかなどを調べてみました。

玉串料の相場金額はいくら?

玉串料を入れたのし袋
玉串料は神社での祈祷など、いろいろなシーンで使われます。

シーンごとに相場金額というのが決まっているのか、調べてみて分かった実際の額をまとめていきます。

■お宮参り・七五三
5,000円~1万円

■結婚式
5~10万円

■お見舞金・お祓い
5,000円~1万円

■地鎮祭・新車納入の時の安全祈願
2~3万円

■お通夜・葬儀
30~50万円

シーンによって包む金額が様々なのがわかりました。

葬儀の料金が一番高額ですね。

あくまでも相場の金額で神社よって金額を定めているところもあります。

神社に尋ねてみて「お気持ちで」と言われた場合には相場の金額で良いでしょう。

料金表がある場合は金額を伝えてくれます。

玉串料のお札は新札?消費税はかかるの?

玉串料のお札は新札を使用するのが一般的なのでしょうか。

玉串料は「慶事」と「弔事」の両方に使われます。

※慶事とは祝い事(おめでたいこと)で、弔事とは葬儀などのおくやみごとを指します。

一般的に

●慶事の場合には新札

●弔事の場合には古いお札

を使用するのが正解です。

ただ、地域よっては特有のルールが定められている場合もあるので、その土地に長く住む高齢の方に尋ねると安心です。

玉串料と同じように神社の祈祷などで用意する初穂料は弔事には使用されないので、新札を用意します。

間違えないようにしたいですね。

そしてこの玉串料には消費税はかかるのでしょうか。

答えは、かかりません。

国税庁のホームページには、

「お布施、戒名料、玉串料等の葬儀、法要等に伴う収入は、宗教活動に伴う実質的な喜捨金と認識されているものですから、課税の対象とはなりません。」

となっています。

これは、消費税法第2条第1項第8号にもとづいています。

宗教活動で必要になる金銭は課税されないんですね。

玉串料はちゃんと封筒に入れるべき?

もう一つ気になっていたのが、玉串料は封筒に入れて渡すのかどうかです。

これは正しくは封筒ではなく

「のし袋」に入れます!

「のし袋」というのは結婚式やお葬式でお金を入れる際に使う特殊な封筒(袋)のことですね。

この「のし袋」には紅白と白黒の2種類があるので、間違いないようにしないといけません。

紅白の「のし袋」は、お祝い事や神事、祈祷で使用します。(白黒のモノはお通夜やお葬式で使います)



具体的には

  • お宮参り
  • 七五三
  • お見舞金
  • お祓い
  • 地鎮祭
  • 新車の安全祈願

などです。

これらは「のし」のある蝶結びの水引を使います。

結婚式だけは、一度きりの意味で、のしのある結びきの水引を使います。

すべての玉串料の「のし袋」は筆ペンで氏名や金額を入れます。

ボールペンやサインペンはマナー違反になりますので要注意ですよ。

玉串料のお札の入れ方は?


今まで無頓着だったんですが、のし袋に入れるお金の向きってあるんでしょうか?

これは使う用途によってお札を入れる向きが違うんです。

■お祝い事や神事や祈祷の場合(お宮参り・七五三・地鎮祭・結婚式)

封を開けた時にお札の人物の顔が「表向き」で上にくるように入れます。

■お通夜や葬儀の弔事の場合

封を開けたときに、お札人物の顔が「上向き」で下にくるように入れます。

お札を入れるにも、いろいろな決まりごとがあるんですね。

人生のいろいろな場面で役立つ知識です

玉串料の相場を知ることで、これでいいのかなと不安に思うことはなくなりました。

シーンによって金額も違えば、のし袋の種類も違うということがわかったので、これでいざとなっても安心です。

頻繁に納めることはないけれど、人生のいろいろな場面で使用することになる玉串料。

マナーの一つとして覚えておきたいですよね♪

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ