香典の相場|会社の先輩、同僚、上司の親にはいくら包む?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 41

香典の相場、それも会社関係の人の額ってどれくらいが普通なんでしょうか?

先日、会社の同僚の親が亡くなられたということで、葬儀に参列してきました。こんな風に会社関係の不幸というのは初めて経験することでしたので、一体いくら包めばいいのか悩みました。

それでネットで調べたんですが、そのとき分かったことをまとめておきたいと思います。

会社の先輩(上司)・同僚・部下の親・上司の親・取引先への香典の相場は?

kouden

香典の額というのは渡す相手が自分にとって「目上(年齢が上)」「目下(年齢が下」かによって、だいたいの常識とされる相場が決まっています。

それが

●目上への香典:3,000円~5,000円

●目下への香典:5,000円~1万円


といったラインとなっています。

ざっくりとした相場で言えば

●会社の先輩(上司)だったら:5,000円

●会社の同僚だったら:5,000円

●会社の部下だったら:1万円

●同僚の親・部下の親・上司の親だったら:5,000円

●取引先の会社関係だったら:1万円

という金額になりますね!

※3,000円という額が許されるのは20代までで、30代以降は最低額は5,000円以上が無難ですね。

相場を調べても意味が無い?


調べてみて分かったのは地域や年齢で香典の相場なんてまちまちってことです。

それに会社によっては暗黙の了解みたいのがあるらしく、それに横並びで合わせるのが常識とされているみたいです。いくら包んだらいいんだろう?と迷ったら会社の古株(上司でも同僚でも)にたずねて、いくらが妥当か聞くのが一番だということですね。

3,000円以下の香典は喪主が赤字になることもあるから注意!


1,000円から2,000円という少額の香典を包もうとしている方はちょっと待って下さい。

喪主側はひとりの参列者に対して、お通夜の料理・会葬返礼品(参列者すべてに渡す品物)・香典返しの3つの費用を負担しなければならず、1,000円から2,000円の香典を頂いただけでは赤字になってしまいます。

3,000円でもトントンか赤字になってしまう恐れがあります。

最近では後日、香典返しを送る手間を省くために葬儀の当日に品物を返す「即日返し」が増えてきているそうです。この即日返しの品物は2,000~3,000円といいますから、お通夜の料理を含めると確実に少額の香典では赤字になってしまいます。

こうした事情にも配慮して最低でも3,000円以上を包むのが礼儀かもしれませんね。
ichimanen

香典袋へのお金の入れ方・選び方


香典袋に入れるお札ですが、ご祝儀の場合は新札と決まっていますが、その反対で香典の場合は新札ではなく普通に使われている若干傷んでいる古いお札を入れるのがマナーです。

かといって、あまりボロボロのものは失礼なのでほどほどのキレイさのお札を選びましょう。

新札しかない場合は一回折って折り目をつけてから入れます。

金額は奇数にするのが常識とされていて、4は「死」、9は「苦」を連想させるところから避けておくと無難です。

お札を入れるときは向きをきっちり揃えていれます。

香典はいつ渡せばいい?


香典を渡すタイミングっていつなのか迷いますね。お通夜のときか、葬儀の当日なのか。

調べてみると、地域によって違うようです。

西日本では香典は葬儀の当日に渡すのが正式とされお通夜に行った時は記帳だけ済ませるだけでOKです(どうしても葬儀に行けない人はお通夜に渡しても構わないそうです)

東日本(関東圏は特に)お通夜に渡すのが普通とされています。

koudenwatashi

不安であれば周りの人に尋ねるか、記帳の時に他の参列者がどうしているか観察して、それにならうのがいいでしょう。

香典は郵送で送っても失礼にならない?


どうしても葬儀やお通夜に都合で行けない、離れた場所に住んでいて直接渡せない、というときは郵送で送るの失礼には当たりません。

送る時期についてですが、いつまでとは決まっていませんが、だいたい葬儀が終わった後の1週間以内に到着するように送りましょう。

送る際には現金を直接、現金書留の封筒に入れず、ちゃんと香典袋に入れた上で現金書留の封筒に入れます。

このとき一緒に葬儀に伺えないことのお詫び、故人へのお悔やみを書いた手紙を同封すると良いですね。

会社関係の香典の相場まとめ



3,000円から1万円が相場の金額

渡す相手が目上か目下かで違う

最近では最低ラインが
3,000円から5,000円になりつつある

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ