湿気で髪の毛がうねり、ちりちり、ボサボサ|やっと解決!

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 233

湿気で髪の毛が、「うねる・ボサボサになる・チリチリになる・ひろがる」ことに悩んでいませんか?

そうなってしまう原因には大きく分けて2つあり、それぞれ予防方法が違います。

髪の毛のタイプによって違う、その原因と予防方法についてご紹介します。

湿気で髪の毛がうねったりチリチリ・ボサボサになる理由とは?

kusege

湿気で髪の毛がうねったりボサボサになってセットが崩れてしまう人に共通しているのは、生まれつき「癖毛(くせ毛)」、または「ちぢれ毛」だからです。

まわりを見回してもまっすぐな直毛の人が雨の日に髪がボサボサになってるのをあまり見たことがありませんよね。

よってこの癖毛を矯正さえすれば、雨の日の湿気も怖くなくなるわけです。

直毛だけど湿気でうねるという人の原因は?


いやいや私は直毛だけどジメジメとした梅雨の時期など湿気が多いと髪がうねってしまうよ、という人は髪が傷んでいるのが原因です。

なぜ髪が痛むと、湿気で髪の毛がまとまらなくなるかというと、こんなメカニズムがあるからです。

傷んだ髪のキューティクルはダメージにより裂けてしまい、そこから水分が流れでて、水分のないスカスカの状態になります。

そこに雨が降り急激に湿度が上がると、その湿気をダメージヘアが一気に吸って膨れ上がるのです。
その状態が「髪がうねって」見える状態なんですね。

つまり普段から髪にダメージを与えないように、過度なパーマやカラーリング、スタイリング時の高温でのドライヤーを避けることです。

そうやって普段から髪をいたわり潤いのある髪をキープできていれば、湿気の多い日に急激に水分を吸って、髪の毛がまとまらなくなることも減っていくはずです。

癖毛の人の予防法は「縮毛矯正」が最も効果的

biyouin

癖毛の人は普段からヘアアイロンでストレートになるよう矯正しているかと思いますが、梅雨時などのひどい湿気には効果が無いことが多いですよね。

そうした自分でのヘアアイロンや美容院でのストレートパーマは湿気のないカラッとした天候の季節はいいのですが、湿気の多い季節となると逆に髪の傷みが災いして、より髪の毛がうねる原因となってしまいます。

それを防ぐ方法として「縮毛矯正」(しゅくもうきょうせい)があります。

縮毛矯正は薬剤と熱で癖毛を矯正する方法で美容院で受けられます

スポンサード リンク

よくストレートパーマと混同されますが、ストレートパーマは薬剤で癖毛を伸ばす方法であり、もともとはストレートヘアの人がパーマをかけて、それをストレートに戻すときに使われる方法です。

縮毛矯正はストレートパーマと違って髪が傷みづらいとも言われています。


湿気で髪の毛がうねる予防方法のまとめ



1.癖毛の人と直毛の人では
原因がそれぞれ違う

2.直毛の人は髪の毛の傷みが原因で
髪の毛をケアによって改善できる

3.癖毛の人は縮毛矯正が確実な解決方法

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ