葬式の塩の使い方|玄関で使うのを忘れたときは?なぜ必要?

スポンサードリンク

LINEで送る

この記事を読むのに必要な時間: 259

葬式でもらう塩を玄関で使うのを忘れてしまうことってありませんか?

先日、知人の葬式があったんですが、帰りに塩を頂いて帰宅したものの、つい忘れてそのまま家の中へ入ってしまいました。

たしか玄関で使うのが正しいと思っていたんですが、忘れたときはどうすればいいのか気になりました。それに本当の使い方って案外知らないものだし、誰も教えてくれないですよね。

葬式の塩の正しい使い方とは?

solt

葬式の塩は正しくは「お清めの塩」といいます。

このお清めの塩の使い方は

スポンサード リンク

1. 葬式から帰ってきて家に上がるまえに玄関

2. 自分か、もしくは他人(家族など)

3. 肩から腕の袖の部分、ズボンの裾(足元)にかける(かけてもらう)
  (胸や背中にもかけても良い)

というのが正しい使い方となります。

※地方によっては玄関にその塩をまいて、それを踏んでから家にあがるという使い方もするようです。

葬式によって塩の用意があったりなかったりするわけは?

葬式から帰ってきて、そういえばお清めの塩を貰わなかったな、ということもありますよね?

実はこの塩をふりかけて清めるという行為は、神道の考えから来ているんです。大相撲で力士が土俵に塩をまく動作も同じように清めているんですね。(大相撲は神道と結びついた神事ですから)

神道では死を穢れと考えていて、死と接する葬式から帰ったときには穢れを家に持ち込まないようにその邪気を払うため、塩で清めるわけなんです。

ですので、葬式のほとんどが仏教式で行われている現在では、それを不要だと考える仏教の一部の宗派があるので、参列した葬式によっては塩が配られないというわけなんですね。

仏教式で葬式をしたのに、神道式で清めるというのは確かに変わっています。またキリスト教や無宗教での葬式では当然ながら塩は配られません。

玄関で使うのを忘れた時はどうすればいい?

genkan

昔からの風習を大事にする人だと塩を振り忘れたのを気にして、玄関まで戻り、塩をふりかけてから家に上がるそうです。

家へ上がってすでに喪服から普段着へ着替えていても、もう一度、喪服へ着替えてから、ふりかけるのが正しいやり方になります。

でも上記のように仏教の葬式に出た後で塩で清める意味がどこまであるかと考えると、そこまでやる必要があるのかな?というのが正直なところです。

身内(親族)が亡くなった場合でも塩で清める?

亡くなった身内(親族)の方と同居している場合でも、住まいが別の場合でも、どちらでも関係なく、お葬式のあとは家に上がるまえに塩でお清めするのが昔からのしきたりです。

「死の穢れ」を家に持ち込まないという意味合いですから、亡くなった方が身内(親族)だろうが他人だろうがまったく関係のないことです。

使わなかった塩はどうすればいい?

使わなかった塩の扱いはけっこう困ります。

かといってこの清めの塩は食べられないのでご注意下さい。袋のウラにだいたい「非食品」と記載してあるように、この塩には湿気ないように乾燥剤が入れられています。

使わなかったからといって捨てるのは忍びないですから、出来るだけ使ってしまったほうがいいですね。

葬式の塩の使い方まとめ



葬式から帰ったら
家に上る前に玄関で忘れずに

腕から足の裾
胸や背中などにかける

仏教ではなく神道の教えからきている

次第に行われなくなりつつある

スポンサード リンク

LINEで送る

このページの先頭へ